2011年04月24日

東トルキスタン最高協商会議の初日プログラム

From May 2-8, 2011 the international conference The Future of Uyghur People in East Turkestan co-sponsored by Freedom House, World Uyghur Congress (WUC), Uyghur American Association (UAA) and the International Uyghur Human Rights and Democracy Foundation (IUHRDF), will take place in Washington, D.C.

The World Uyghur Congress is pleased to announce that the opening ceremony of the conference will be held at:

U.S. Capitol Building (room location to be announced)

The opening ceremony will commence on May 2, 2011 at 10.00h with a speech by WUC President and longstanding Uyghur human rights activist Rebiya Kadeer, and will include a number of distinguished speakers.

Scheduled guest speakers are:

Hon. Frank R. Wolf (U.S. Congressman)
Hon. Jim McGovern (U.S. Congressman)
Hon. James Moran (U.S. Congressman)
Carl Gershman (President, National Endowment for Democracy),
Louisa Coan Greve (Vice President, National Endowment for Democracy),
Randall Shriver (Former Assistant Secretary of State)
T. Kumar (Advocacy Director for Asia and the Pacific, Amnesty International USA)
Dr. Gunawardena-Vaughn (Director of the International Religious Freedom Consortium and the Southeast Asia Program, Freedom House)
Dr. Sophie Richardson (Advocacy Director, Human Rights Watch, Asia Division, tbc)
posted by cari at 00:46| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

Chinese authorities increase restrictions on a Uyghur economist

Chinese authorities have extended a travel ban on an outspoken Uyghur professor to include members of his family and have stepped up surveillance on the man’s Beijing home since the New Year.

Ilham Tohti, an economist at Beijing’s Central Nationalities University, said he had been approached by Public Security Bureau police before the new year and handed a document which said that no one, including his wife and children, would be allowed to leave the capital.

The ban includes his daughter, Jewher, who has successfully applied for a U.S. student visa and for whom he had already bought a plane ticket to travel to America.

“I’m very sad for my daughter because she has already said goodbye to all her friends, classmates, and professors. She was ready to go, but now she can’t,” Tohti said in a Feb. 8 interview.

“I wanted her to return to school, but she doesn’t want to. She is embarrassed and upset because she feels that I am responsible for her troubles.”

Tohti was informed by authorities last May that he would be banned from travel outside of Beijing, including to his hometown in the Xinjiang Uyghur Autonomous Region (XUAR), at least until the end of the year.

But the December visit by security police marked the first time that ban had been extended to his family.

The new ban comes amidst a period of increased surveillance on the professor’s home, which Tohti said had left him “exhausted.”

“If I was in jail, it would be better than what I am experiencing now,” he said.

Surveillance increased

The interview with Tohti was the first in over a month. Repeated calls to his cell phone since before the new year resulted in a message saying his number had been disconnected.

The professor acknowledged that his phone had been disconnected, saying it had been “broken,” although he did not elaborate.

“My SIM card has been transferred to another phone,” Tohti said, referring to the chip that assigns a cell phone its number.

“This is my number, but you are talking to me on a phone that someone else owns.”

Tohti said that his email access had also been disabled, adding that he had tried to send a greeting to an RFA reporter before the new year, but was unable to do so.

Tohti’s website, Uyghur Online, on which he publishes articles about Uyghur issues, has been under near-constant attack by hackers during this time. It is inaccessible within China and only available for short spells abroad.

“I have already finished 20 articles, but I have not published them because the website is experiencing problems. They are all about the economy in Xinjiang and Uyghur issues, which the government does not like.”

‘Someone is with me’

Tohti seemed to suggest that he was being watched even during the course of the phone call and said that he might be in danger.

When asked why he decided to accept the interview, he responded that the authorities did not intimidate him and that it was important for someone to speak out about the treatment of the Uyghur people in China.

“If I say something, they may arrest and kill me. If I don’t say anything, they may do the same thing. So why shouldn’t I say something?”

“If someday they arrest me and take me to jail, please write about me. I want the world to know about me and the world to understand what is happening to the Uyghurs.”

After speaking for about five minutes, Tohti indicated that he would need to end the conversation.

“Right now someone is with me. I have a lot of things to tell you, but I’m looking at his face and he is very angry. Maybe we can speak another time later,” he said before hanging up.

Calls to his cell phone over the following two days resulted in a message that his number had been disconnected.

Tohti’s students, who are currently on a one-month winter break that is due to end within the week, said they had not been able to reach him by telephone and were anxious to learn whether he would return to teach classes.

Under scrutiny

Ilham Tohti has been under close scrutiny since ethnic riots rocked the XUAR's capital Urumqi two years ago.

The July 5, 2009 violence left some 200 people dead, according to the Chinese government’s tally.

Tohti, his wife, and his two young sons were taken by Chinese authorities to a resort on the southern island of Hainan just before the Noble Peace Prize ceremony on Dec. 9, 2010 and held for about a week during which they faced intense questioning.

Beijing had clamped down on dissidents and friends of Chinese democracy activist Liu Xiaobo, the jailed 2010 Nobel Prize recipient, ahead of the ceremony after attacking the Nobel committee for honoring a "criminal."

Uyghur Online publishes in Chinese and Uyghur and is widely seen as a moderate, intellectual website addressing social issues. Authorities have closed it on several previous occasions.

Uyghurs say they have long suffered ethnic discrimination, oppressive religious controls, and continued poverty and joblessness despite China's ambitious plans to develop its vast northwestern frontier.

Chinese authorities blame Uyghur separatists for a series of deadly attacks in recent years and accuse one group in particular of maintaining links to the al-Qaeda terrorist network.

Reported and translated by Mihray Abdilim of RFA's Uyghur service. Written in English by Joshua Lipes.
posted by cari at 20:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

必読新刊書籍「中国最大の敵日本を攻撃せよ」(著者:戴旭 現役中国空軍大佐)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■あえて、沖縄から目指す「自立国家日本」の再建!
----------------------------------------------------------------------
【メルマガ未登録の方は是非、登録をお願いします。】
   PC● http://www.mag2.com/m/0000287803.html
   携帯● http://mobile.mag2.com/mm/0000287803.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■この書籍の出版は、2009年に中国の対日戦略に大きな変更があった証拠

現役中国空軍大佐が今年2月頃に中国で出版した書籍の翻訳書が出版されました。

<「中国最大の敵 日本を攻撃せよ」>
 戴旭/ 著(現役中国空軍大佐))  山岡雅貴/ 訳
http://www.tokuma.jp/book/tokumabooks/4e2d56fd67005927306e657530fb65e5672c3092653b6483305b3088

早速購入して読みました。

今まで理解できなかった中国人の考え方、本音を良くしる事ができる画期的な書籍です。

この本が、中国で出版を許可されたということは、中国政府の中で対日方針の変更がであったと理解するべきだと思います。

外交に携わる政治家は、必ず読むべき書籍だと思います。

■アメリカに包囲される中国と反日包囲網を築き始める中国

この書籍の原題は、「C型包囲」(中国包囲網)です。

中国包囲網とは、米国主導による日本や東南アジア諸国による中国の軍拡に対抗する包囲網の事です。

著者によると、中国の周りは万里の頂上のように長い軍事包囲網が築かれているとのことです。

その包囲要約すると次のようになります。

--------<要約>--------
中国海軍は、次のような海上包囲網で閉じ込められています。

 ・ 東シナ海で合同軍事演習を行う日米同盟

 ・ 台湾の中にいる独立派

 ・ 海洋基本法案を可決し中国の領土を自国の領土に編入し、6隻の潜水艦を発注しているフィリピン

 ・ 米軍と軍事連携を固める事を決めたベトナム

 ・ 14隻の潜水艦の建造と購入を決めたインドネシア

 ・ 27隻のヘリコプター搭載の巡視艇の建造を決めたマレーシア

 ・ 総計780億ドルをかけて軍拡をすすめるオーストラリア

 ・ 2隻の航空母艦の建造を始めたインド

そして、アメリカによる陸上網については以下のように述べています。

 ・ 中国のインド洋への進出の突破口になる港がパキスタンのグワダール港である
   
   米国はタリバンを攻撃するとみせかけ、グワダール港のあるバローチスターン州を攻撃している

 ・ アメリカのアフガニスタンを狙う本当の理由は、中央アジアからのエネルギー資源の道を裁ち切り、中国の国力を弱らせるためである。

    そして、モンゴルも日米政府よりなので、中国は東北のロシアとの国境をのぞいては、全てアメリカに包囲されていると述べています。
----------------

以上のように自国の軍拡を棚にあげて、中国が攻撃をしているわけではなく、アメリカが緊張を高めているのだと言い放っています。

つまり、「中国の周りは米国の手先となった国に包囲され危機的な状態にある。だから中国は戦争をさけられない」との理論を細かく展開している書籍です。

これから、中国が戦争を始める正当性を論じた書籍といえるとおもいます。

人民解放軍は、国民にも戦争を始める準備を訴え始めたということではないかと思います。

そして、最後は、「中国人民よ、平和を望むなら戦争に備えよ!」という言葉で結んでいます。


■「中国から見る日本」と「日本人から見る日本」大きな隔たり

この書籍は、人民解放軍の正当性を一方的に訴えたものではあるのですが、違った観点から学ぶ所が多くあった書籍です。

まず、一つ目は「中国から見る日本」と「日本人から見る日本」にはあまりにも大きな隔たりがある事を痛感しました。

第二章の「中国は日本との戦争がさけられない」には、次のような表現があります。

「日本の軍事能力と軍事戦略は、かつての第二次世界大戦で西欧を驚かせた。そんな日本をいま軽視する国があれば、将来、間違いなく日本に仰天させられ、ひどい目に遭うに違いない。」

「明治維新後、日本は欧米とともに軍事発展において先進的な地位を築いてきた。二十一世紀の今日にいたっても、それは変わらない。実力を隠してこそこそするのが日本のお家芸だ。ある意味臥薪嘗胆といえるだろう。」

日本人は、日本は絶対に戦争をすることのない平和国家と見ていますが、中国から見たら日本は、いつ牙を剥き出すかわからない、羊の皮をかぶった狼のように見ているのです。

ある意味、正しい認識ではないかと感じました。

逆に、この言葉を聞いて、「日本は、平和国家なのだからそれは被害妄想ですよ。」という日本人のほうが、敗戦により日本の歴史を断絶して教えられ、日本人としての精神棒を抜かれているのではと感じました。


■「日本から見る沖縄」と「中国から見る沖縄」の大きな隔たり

「琉球は中国のものだ!」という言論は、中国や香港の新聞、そしてインターネットでは大きく広がっていますが、まだ、日本語に訳された書籍では見たことがありませんでした。

しかし、この書籍では「琉球は中国のものだ!」はっきり明言しており、何箇所もその説明にページを費やしています。

これにより、沖縄に対する認識のギャップもかなり大きいものであることが明確になりました。

第二書の6節、「琉球は日本のものではない」では次のように語っています。

「わずか140年前、中日の間には境界問題も領海問題もなかった。何故なら双方を琉球が隔てていたからだ。」
       〜省略〜
「今日の学術環境では、琉球を中国の一部だということはできないが、絶対に日本の一部でもない。

日本の琉球併合は、今にいたっても国際的な承認を得ていないのだ。そのため、第二次世界大戦終結後、

アメリカは何度も琉球を中国に変換させようとした。ただ、蒋介石が内戦で忙しく、それを受け入れなかっただけだ。」
(この理論は無理があります。黄文雄先生の新刊「日本支配を狙って自滅する中国」でみごと論破されていますので、別途紹介いたします。)
 
〜途中省略〜

「もし、中日の歴史が二国間だけのストーリーだったら、今日の東シナ海での海域問題などありえず、問題はもっと簡単だっただろう。

日本は敗戦後、琉球以東に後退し、琉球は国を復活させ、日中は1870年以前の地理的状態に戻り、琉球を隔てて交流すればよい。」


posted by cari at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

ウイグルの各大学で、非漢人大学生の割合が32%にまで落ちている



RFA 2010.12.02 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.12.09 

ウイグル自治区政府人材育成担当室の統計によると、2010年に、ウイグル自治区全域における大学卒業者のうち、中国人(漢人)学生が全体の67.8%を占め、非漢人(ウイグル人をはじめとする地元諸民族)の学生が全体のたった32.2%を占めている。

「ウイグルオンライン」サイトは、ウイグル自治区政府人材育成担当室の統計を基に、今年ウイグル自治区全域における非漢人大卒者の割合が「文化大革命」後の大学入試再開以来の最低割合を記録したと分析している。そして、1978年と2009年の状況を比較し、「1978年には、ウイグル自治区全域の大学生のうち、非漢人の学生が全体の77.8%を占めていた。しかし、30年後の2009年には、それが激減し32%にまで落ちた」と指摘している。

RFA取材に応じたウイグル人知識人らは、中国政府がウイグルで「双語教育」との名目で強行している事実上の単一語(漢語)教育政策を中止しなければ状況がますます深刻化していくと懸念を表明した。

現地からRFAの電話取材に応じた一人のウイグル人教師は、ウイグルの子供たちに対する名ばかりの「双語教育」の押し付けと、ウイグルの子供たちを大量に中国本土(内陸)各地の学校に送り込む政策がウイグルにおける大学民族教育の崩壊を招いていると指摘した。
この教師は、現地で最大の大学である「新疆大学」の状況を例に挙げ、ウイグル語による学校教育の事実上の禁止の影響により、「新疆大学」の文系学部に入学する非漢人学生が急激に減少していること、ひいては、歴史学部など(以前は人気が高かった)一部の学部でさえ、最近入学者が激減したため閉鎖に追い込まれ、別の学部と合併されてしまったことなどを指摘した。

ウイグル情勢に詳しい専門家たちは、「双語教育」との名目でウイグル全土に広がっている事実上の単一語(漢語)教育政策がウイグルの子供たちから母語と民族教育を受ける機会を奪っており、これに加えて実施されているウイグルの子供たちを大量に中国本土(内陸)の学校に送り込む政策は最終的にウイグルの民族教育を破壊してしまうだけではなく、民族アイデンティティそのものの滅びを招くと見ている。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/milliy-oqughuchilar%20-12022010171921.html


 
posted by cari at 15:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

ウイグルから中国に誘拐されたウイグル人の児童達の悲惨な物語(2)

Sinpenzakki氏のブログから転載

中国内地におけるウイグル族ストリートチルドレンの生存状況調査(2)

 (四)どの子もみな国の宝だ

 ウイグルオンライン〔イリハム・トフティが責任者を務めるサイト。現在国内サイトは閉鎖されている。このような政府に協力的なサイトでさえ閉鎖されてしまうところに中国共産党の少数民族政策の実態が示されている〕は最初にウイグル人ストリートチルドレンに注目した民間ウェブサイトだ。サイトでは「ストリートチルドレン見守り」専用掲示板を設け、みんなの「新疆泥棒」に対する誤解を解き、社会各層にこの子たちを救うよう呼びかけている。

 「彼らは最大の被害者だ」と、サイト管理者の一人タイハンは語る。多くのウイグル人大学生が内地で勉強を始めるとき、泥棒の問題でしばしば差別を受けている。

 タイハンが一生忘れられない事件がある。あるときひどく混んだバスに乗って、つかまるところがなかったので、急ブレーキで彼の体は前に倒れた。その時手が前の40過ぎの男のシャツのポケットにあたった。その男はすぐに彼の手をつかんで、大声で「何をするんだ?」と叫んだ。車内の人全員が異様なまなざしで彼を見つめた。タイハンはバスから飛び降りられないのがもどかしかった。
 
 「家でおとなしくしていないで、のこのこ出てきて民族の名を汚している」。当時タイハンは彼らウイグル泥棒をひどく恨んだ。だが、何人かの子供を救ってから、一人ひとりの子供がみな悲惨な物語を背負っていることを知り、全力で彼らを救おうと決めた。「助けられるだけ助けよう」。

 「私たちの優位性は私たちのウイグル族の中での影響力と〔政府〕責任者との関係を使って新疆現地の警察や、親を探し出せることだ」。このサイトでは新疆ストリートチルドレン救助の民間組織設立を準備している。サイトを通じてボランティアを募集し、反スリ組織と連絡をつけ、募金を募り、ストリートチルドレンを家に送り返そうとしている。「だが民政部の許可を取るのが難しい」。

 幸い、ウイグルオンラインはすでに多くの地方の反スリ組織と連絡をつけ、ウイグル族の子供が見つかったら、すぐに子供のための通訳を行い、家族を探している。

 「始めたばかりのときは、多くの地方で暴力的な反スリ活動が行われ、殺したり殴ったりしていた。我々は反スリには反対しないが、合法的に行うことを求めている」。現在、桂林、重慶の反スリ組織も子供たちの帰郷を助け始めた。一部の漢族のウイグル族に対する誤解も徐々に解けつつある。

 また、ウェブ責任者の中央民族大学教員イリハム・トフティはウイグルオンラインというプラットフォームを非常に重視している。教育事業に携わりながら、商売と社会調査を行い、さらに多くの在京ウイグル族学生を支援している。だがどれほど忙しくても、毎日サイトのメンテナンスを行い、各地の反スリ組織と対話、交流している。忙しいときには、何日も徹夜を続けることもある。

 「どの子もみな国の宝なのだから、みんなが明るい未来を持つべきだ。彼らは子供のうちに家庭を失い、生活のための技能もない。もし盗みを続けていたら、いつまでも泥棒のままで、大きくなったら自分のときのように他の子供を誘拐して泥棒をさせるだろう。そうなったら、被害者が完全に加害者になってしまう」とイリハムは語った。

 佳泉が最初にウイグルオンラインと連絡を取ったのは、ウイグル族が一体ストリートチルドレンの盗みをどう見ているのかを知ろうとしてだった。彼は、ある新疆のBBSに「我々は新疆泥棒にどう対処すればいいのだろう」と題した投稿をした。そのBBSで、佳泉は初めてウイグルオンラインから転載された一篇の投稿に目を引きつけられた。「本当にウイグル族ストリートチルドレンの運命に関心を寄せているサイトがあったんだ!」。

 「私は漢族で、河南省安陽に住んでいます。私は反スリ隊員です。私は教育労働者です。私は新疆を愛しています。私たちはみな中国人です。民族の団結のため、新疆ストリートチルドレンのため、私は命を含め、自分の一切をささげるつもりです。この子たちの明日のために、手を携えて努力しましょう! 連絡をください」。佳泉のウイグルオンラインへの投稿は多くの人の気持ちを動かした。だが、一年前には彼もウイグル泥棒を激しく憎む市民の一人だった。

 佳泉は、「自分も以前は、街中泥棒だらけで、警察に何のために飯を食ってるんだと罵ったが、今は彼らのことも少し理解できる。だが、ほおっておけばおくほど処理が難しくなる。経費がないとか、食べ物が面倒沱とか言って、警察が送還せず、収容センターが収容しないから、最後は結局ウイグルオンラインの友人に頼んで通訳をしてもらい、子供たちの親を探すことになる」。

 いま、子供が誘拐されて来たことが分かると、佳泉と彼のチームは子供を救助所に送り、その後ウイグルオンラインの友人に連絡したり、地元の110番に連絡している。

 佳泉は全国の反スリ団体と新疆のウイグル族が一緒になって、新疆ストリートチルドレン救助のネットワークを組織することを願っている。誘拐された子供が見つかったら、情報を新疆のウイグル族に送り、彼らが子供の家族を探し、できれば子供を迎えに来てもらいたい。彼はまた政府が基金を設立し、これらの子供を救助することを願っている。メディアが報道し、全社会がこれらの子供の運命に関心を持つことを願っている。

 佳泉はさらに少数民族のストリートチルドレン向けの私立小学校を設立しようと思っている。彼は場所はあると語る。最近ウイグル族の教師2人を招いて、ウイグル族クラスを開こうとしているが、行政手続、資金、政策上の支援がない。「政府が補助してくれればうまくいくんだが」。


 (五)ヌルグルを救う

 少女ヌルグルは、12歳。誘拐され売られて1年、彼女にとっては365個の悪夢だけでなく、心の底に一生埋め込まれた恥辱もあるだろう。2007年の初め、運命は彼女に悲劇からの脱出の機会を与えた――佳泉が最近行った反スリ行動で、彼女は捕まったのだ。

 警察で制限時間が来たら放免され、ふたたび窃盗集団の親分の手に落ちるのを防ぐため、ヌルグルはただちに救助所に送られた。反スリチームは一方で救助所にすぐにヌルグルを家に送ると約束し、もう一方ですぐにイリハム・トフティと連絡を取った。

 反スリチームの監護の下で、ヌルグルはイリハムと電話で話した。ヌルグルは、自分の家はアクスで、ママは自動車事故で死に、継父がアクスに住んでいると語った。イリハムは少女に、本当のことを言えば、すぐに継父が迎えに来ると告げた。

 次の日の午前、安陽の地元の警官とウイグル族の通訳が少女に会いにきた。彼らと話をしてから、少女は説明を変えた。継父はアクスではなく、安陽にいて、継父が彼女を安陽に連れて来たのだと言った。問いただすと、彼女はまた説明を変えて、彼女を連れてきたのは継父ではなく、母の姉妹の夫だと言い、最後には母の弟だと説明を変えた。

 少女が親分の脅しでウソをついていることははっきり分かったが、イリハムは救助所に留まらせるために彼女が誘拐された証拠を示すことができない。彼は必死になって自分の新疆の関係を通じてヌルグルの親戚関係を探し、もう一方で佳泉に救助所に働き掛け、決して彼女を出さないように頼んだ。

 あちこち訪ね回って、イリハムはヌルグルの最初の話しの通り、彼女の継父がアクスに住んでいることをつかんだ。北京に戻ったイリハムは佳泉が送ってきたヌルグルの写真を見て、「この子は本当に苦労してきたんだ。私はこれまでにこんなに老けて、まなざしに恨みがこもっている12歳の子供を見たことがない。」と語った。

 再び電話して、教育労働者のイリハムは優しくヌルグルに話しかけた。最初、少女はとめどなく泣き続け、何も話さなかった。

 「今は法律が変わって、10歳、12歳で盗んでも監獄に入れられる。それに、将来どうやってお嫁に行くんだい?」イリハム・トフティは彼女に本当のことを話させるためにだました。

 「君はムスリムだろ?」少女の緊張が少しゆるんだのを見て、イリハムは熱いうちに鉄を打った。
  
 「そうです」少女は自民族も恐れていて、語気は怯えていた。

 「君はアッラーの処罰が怖くないのかい?」イリハムは新疆のウイグル人の心に対するアッラーの力を知っている。

 「怖いわ」少女はだんだんと説得されていった。

 「彼ら(人さらい)は君に触らなかったかい?」イリハムは怒りを抑えつつ聞いた。彼は多くのストリートチルドレンの少女が性的虐待を受けていることを知っている。

 「触ったわ、叔父さんは私と寝たわ」12歳の少女にとって、その経験は一生の悪夢になる。

 「ヌルグルは強姦されたことがある。それも一人じゃない」。電話が終わると、イリハムは怒りを抑えきれなくなった。彼は佳泉に「もう絶対に戻しちゃいけない」と言った。イリハムはヌルグルより少し大きな娘がいる。「我が子を可愛がり、その気持ちをよその子にまで及ぼす」と言われているが、自民族の子供を助けるのに忙しく、彼には自分の娘を世話する時間がない。

 三日目、新疆の一人の警察職員がヌルグルの継父を電話の前に連れてきた。彼は電話でイリハムと言い争いを始めた。ヌルグルの継父は「他人が余計な口出しをするな、おれには交通費もないし、その子を養うこともできない」。イリハムは怒って言った「私たちが金を出すんだったら子供を迎えに来るだろう?」。ヌルグルの継父は「今忙しいから、後で電話してくれ」と言って電話を切った。その後いくら電話してもこの男は出てこなかった。

 その後、十数人の新疆人が安陽警察隊の玄関をふさいで、泣いたり騒いだりした。彼らはヌルグルの親族を名乗り、子供を放免するよう要求した。子供の家族が見つからないので、警察はしかたなく子供の放免を許可する証明書を発行した。佳泉たちが何度も救助所に待つように求めたが、最後は救助所も持ちこたえられず、ヌルグルは再び人買いに連れ去られた。

 イリハムはそれを知って、再びアクス警察局の友人に助けを求めた。しかし、3日間走りまわっても何も得られなかったので、その友人はイリハムに電話してきて、言った。「もう仕方ない、みんながやるべきことはやったよ。アクス警察には経費がないし、子供を引き取る責任もない。しかも、我々は継父が子供を売ったんだろうと疑っている」。

 (六)帰郷の道

 アニワルは家に戻れたが、ヌルグルは継父に拒絶され、多くの子供たちは自分の家さえ探し出せないでいる。

 グランダム、女性、カシュガル出身、12歳。桂林の反スリ組織が任務執行中に捕まえ、地元警察に突き出した。写真を見ると、少女は安物の薄汚れた服を着て、恐怖と悲哀を帯びた大きな目を開いていた。彼女は警察に自分とほかの5人の子供が一緒に新疆から桂林に誘拐されて連れてこられ、スリを強要されていると告げた。少女は警察に自分を家に連れて行ってくれと頼んだが、彼女は自宅の住所を覚えておらず、家族との連絡方法も知らなかった。慣例により、家族と連絡が取れないので、警察はグランダムを放免した。少女は派出所の前で待っていた「親分」に連れて行かれ、再びスリをして、捕まり、また放免されるということを繰り返している。

 「家に帰りたいけど、帰り道が分からない」。

 新疆救助管理所は以前、93名の新疆ストリートチルドレンの調査を行ったことがある。それによると、父または母、もしくは父母の双方がいない欠損家庭が17%、また四分の一の家庭が父母の離婚もしくは死亡後、再婚した家庭だった。彼らはたとえ救い出されたとしても誰の世話も受けられず、再び放浪するだろう――窃盗の他になにも手に職がなく、逮捕と放免が繰り返される。成人したら、彼らは窃盗仲間の小頭や親分になり、別の未成年者を集めて窃盗を働かせ、被害者が加害者に変っていく。

 イリハムはストリートチルドレン問題の行く末を非常に心配している。この子たちの一生が台無しにされ、民族間の溝と対立感情が深まり、しかも過激な分離主義者に付け込まれやすい。彼は以前、政府が速やかに取り組みを開始するよう呼び掛け、その中で「ストリートチルドレン問題は警察、福祉、社区(居民委員会)、婦人連合会、学校、共産主義青年団などの組織の協力が必要であり、個別の取り組みだけではなく地区を超えた協力が必要だ」と書いている。

〔以下はこの記事の掲載許可を得るために付け加えられた文章〕
 ウイグル族ストリートチルドレン問題の地域横断性は中央政府の警戒心を高めている。2006年2月6日、新疆自治区共産党委員会は常務委員会を開き、周永康の内地新疆籍ストリートチルドレンに関する指示を伝え、内地の省・自治区・直轄市に協力し、内地の新疆籍ストリートチルドレンを救い、未成年者誘拐売買犯罪を取り締まる特別行動を行うことを決めた。このほか、自治区公安庁は新疆籍ストリートチルドレン救助、未成年者誘拐売買犯罪取り締まり特別行動指導グループを組織した。2007年1月までに、新疆では51の救助管理所とストリートチルドレン救助保護センターが設置され、物乞いとストリートチルドレンのべ2万4500人を保護した。

 2007年1月20日、民生部など19の部・委員会は共同で「ストリートチルドレン対策事業強化に対する意見」を通達した。この通達は、「ストリートチルドレン対策事業は救助と福祉と管理を兼ねた事業である。ストリートチルドレン対策は、予防を前提とし、救助を基礎とし、管理を手段とし、教育を重点とし、保護を根本とする」とし、各級政府、各部門がまじめに職務を執行し、この事業を協力して行うよう求めている。また、当局はメディアに対し「新疆泥棒」という言葉の代わりに、触法少数民族未成年という言葉を使うよう求めている。

出典:『鳳凰週刊』2007年第17期

原文出典:http://www.china-week.com/2007/08/blog-post_21.html

(転載自由、要出典明記)
posted by cari at 23:13| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウイグルから中国に誘拐されたウイグル人の児童達の悲惨な物語(1)

Sinpenzakki氏のブログから転載

中国内地におけるウイグル族ストリートチルドレンの生存状況調査

原文出典:http://phtv.ifeng.com/hotspot/200708/0817_42_193032.shtml
初出:『鳳凰週刊』2007年第17期

 文 摎記者
   特約ライター  ムザパル・クルバン
 
 (一)アニワルの帰宅

 もし姉が彼に祖母の家の電話番号を無理に覚えさせていなかったら、アニワルはたぶん永遠に母に会えなかっただろう。

 アニワル、ウイグル族、新疆カシュガル地区カルギリク県出身。2歳のときに両親が離婚し、ずっと祖母に育てられた。小学生のアニワルはとても聞きわけが良く、成績はいつもクラスの3番以内で、級長にも選ばれた。

 2005年4月27日午後、悪夢がおきた。一台のタクシーが下校中のアニワルの前に止まり、一人の中年男がおりてきて、アニワルにチョコレートを渡して、温かい声をかけた。チョコレートを食べたアニワルは知らず知らずにタクシーに乗り、その後さらに白いワンボックスカーに乗り換えさせられた。アニワルが目覚めたとき、すでに蘭州に連れてこられていた。

 その後、アニワルは故郷から5000キロ以上離れた広州に連れて行かれた。粗末な部屋でアニワルともう二人の最近連れてこられた男の子は厳しい監視下に置かれた。彼らを連れだした男は、彼を「親分」と呼ぶよう子供たちに命じた。

 次の日、「親分」は3人の男の子を「実習」のためにマーケットに連れて行った。アニワルははじめて自分の仕事が「泥棒」だということを知った。アニワルはそれが違法であり、アッラーも泥棒を罰していることを知っていた。「親分」は盗みをしたがらないアニワルを情け容赦なく殴りつけた。

 アニワルの最初の「実習」は全然うまくいかなかった。マーケットの中で、一人の男の子が盗んだ携帯電話をアニワルに渡し、早く逃げろと言った。携帯を受け取ったアニワルは数十メートル走ると足がもつれた。持ち主はアニワルを捕まえ、彼を派出所に連れて行こうとした。その時、ずっと脇にいた「親分」が姿を現し、アニワルを「奪い」かえした。

 すみかに戻ると、「親分」はアニワルが逃げ切れなかったことを責めて、手ひどく往復ビンタを食らわした。「実習」一週間後、「親分」はアニワルに正式に仕事を始めるよう命じた。彼が応じないと、「親分」はベルトで思い切り彼の太ももを鞭打ち、「実習期間」を1週間延ばした。

 2週間の実習が終わって、アニワルは仕事を始めた。彼はもう盗みは怖くなかった。怖いのは盗みに失敗して殴られることだった。あるスーパーの出入り口で、一人の女性が食べながら歩いていた。アニワルは彼女の後をつけ、女性のショルダーバッグのファスナーを開けて財布をすり取った。しきたりに従い、アニワルは財布の中の650元と銀行カードを「親分」に渡すために13歳の男の子に差し出した。これはアニワルが広州に来て15日目で、最初の単独窃盗の成功だった。

 アニワルはすぐに新しい生活に適応した。彼は彼を捕まえた警官に家に戻りたいという願いを伝えたこともあったが、彼を引き取りに来たのはやはり「親分」だった。

 アニワルは「親分」に連れられて多くの南方の都市を「転戦」した。もう何回盗んだのか覚えていなかった。一番多いときは、6人の財布、2400元を盗んだ。その時は、「親分」は機嫌よく彼に200元の小遣いをくれた。彼は喜んで100元で服を一式買い、残りの100元で遊園地で遊んだ。

 アニワルは警察に捕まることは怖くなかった。彼はすでに何回派出所に捕まったのかよく覚えていない。いつも何時間か捕まった後に帰された。彼はほとんどいつも派出所の入り口近くに彼の「親分」が待っているのが見えた。「親分」は最初から、彼らは未成年だから、漢語が分からないふりをしていれば、警察はいつまでも拘留しておくわけにもいかないし、もし警察が本気だったら、自傷行為で警察を脅せばおとなしく釈放すると教えていた。

 「年齢は刑事責任に足りず、盗んだ金額も刑罰には足りないし、漢語ができても知らないふりをする。子供を一人捕まえれば、新疆人が集団で騒ぎだして、民族問題にもなるから、事を荒立てない方がいい。ふつうは形だけ数時間拘留して釈放する」。ある匿名希望の北京の警官はこうこぼしていた。

 アニワルが怖いのは持ち主に殴られることだ。警察はウイグル族ストリートチルドレンの泥棒には気兼ねするので、盗まれた持ち主はしばしばこの子たちに当たり散らす。アニワルは持ち主にも殴られ、「親分」にも殴られた。

 流血は全身傷だらけのアニワルにとってはもうありふれたことだ。何日か前の、最後の失敗の時にも、「親分」に高々と持ち上げられたあと、地面にたたきつけられた。

 2006年7月22日昼、アニワルは再び捕まった。これまでの数時間後に釈放されるのとは違って、今回は若いウイグル人の警官ウラムジャンに会った。ウラムジャンは優しく尋問し、食べ物や飲み物も買い与えてくれた。そして弟に接するように彼を自分の宿舎に連れ帰った。アニワルに生きたいという願いが燃え上がり、突然ウラムジャンの前にひざまずき、家に帰らせてくれと頼み込んだ。

 「アニワル、まだ生きていたのかい?」。祖母は電話口で泣きだした。
 
 夜中の1時半、アニワルの母は飛行機に乗って派出所に駆けつけ、失踪して1年以上になる息子と対面した。 

 (二)子供一人5000元

 新疆社会科学院のレポートによると、内地を放浪するウイグル族児童のうち9割が誘拐された子供だった。しかもほとんどの子が南疆の出身だった。新疆救助所のデータによると、03年1月から05年12月までに、内地で保護され自治区に戻った3660人のストリートチルドレンのうち、9割以上が南疆のウイグル族だった。

 中国政府の民政部の関係者の話では、救助されるウイグル族ストリートチルドレンは全被救助児童の12.7%を占める。だが、ウイグル族ストリートチルドレンの収容は様々な原因で難しい。つまり、この数字はウイグル族ストリートチルドレンの膨大な数を反映していない。もう一つの証拠として、新疆自治区救助所によると、内地で常時放浪しているウイグル族児童は4000人だが、民間データでははるかにこれより多い。

 新疆自治区公安庁の統計によると、2005年、新疆の青少年犯罪者数の全犯罪者数中の比率は2000年の14.2%から、19.5%に高まった。とりわけ新疆籍のストリートチルドレンの犯罪事件は再三の取締りにもかかわらず、2005年の立件数は2000年の倍に増えている。

 新疆社会科学院民族研究所の李曉霞は、南疆のウイグル族集住地の、高い離婚率と失業率、土地に対する人口過多、極度の貧困、末端行政組織の弛緩が、いずれもストリートチルドレン出現の原因になっているとみている。南疆には、新疆の貧困人口の大部分が集中しており、新疆の35の貧困県のうち、23県が南疆にある。

 ウイグル人はみなイスラム教を信仰している〔中共の民族区分では仏教を信仰するウイグル人はユグル人という別民族にされている〕。イスラム教の教義は盗みを厳禁している。80年代以降、一部の成年窃盗犯が新疆から内地に「進出」し、その後子供を使って大人の窃盗を隠ぺいするようになった。1988年以降、大人が裏で操作し、誘拐された子どもを使って盗みを行う組織が現れた。

 「最近ますます多くのウイグル人の若者がイスラム教を捨て去っている。彼らは酒を飲み、盗みを働き、伝統的な道徳と風俗はひどく破壊されてしまった」。中央民族学院のイリハム・トフティ〔彼は7・5事件の後一時逮捕された〕は民族文化の消滅に心を痛める。

 アクス地区のウイグル語の新語の一つの「コリチ〔ichkirichi?〕」は、彼ら人さらいをして内地で汚いカネを稼ぐ人を指す。住民は彼らの金儲けの方法が気にくわないが、彼らの豊かさはうらやましく感じている。

 「私の住んでいるところに一棟の豪邸があるが、それは人さらいの家だ。一部の親は生活に行き詰まって、やくざ者に子供をケバブ売りとして渡してしまう」。アクスの何人かの子供を救助したことのある人はそう語っていた。

 「ホタン地区では毎日全国各地から送金通知書が郷鎮の農村に飛んでくる。労働者が賃金を受け取って送金するのと同じだ」。ホタン郵便局の配達員は以前そうメディアに語っていた。

 「3歳から16歳までいる。多いのは10歳から13歳だ。小さな子が抱きついて人の注意をそらし、大きな子が盗む。爺さんもいる。泥棒の飯炊きだ」。新疆社会科学院民族研究所研究員の続西発は語った。「一部の地方では泥棒が地元にカネを落とすのを期待して、末端幹部は見て見ぬふりをしている」。

 「僕の窃盗団は16人の大人と4人の子供がいて、見つけられにくいところに住んでいた。2人の大人と2人の子供が一部屋にいた。4人の大人が一人の子供が盗むのを監視していた。大人はナイフを持っていて、僕たちが盗むときに声を上げようとする人を脅した。大人たちは僕に沸騰するお湯の中からコインを取らせ、もし取れなかったらベルトで殴った。僕と一緒に住んでいた男の子は11歳で、僕より1カ月早く誘拐されてここに連れてこられた。彼は1度逃げたが、捕まって連れ戻されたとき、ひどく殴られて死にかけた」。救助されたダルハンは、誘拐されて泥棒をさせられる子供たちにはみなつらい「実習期間」があると語っていた。

 「親分」は子供たちに毎日の上納ノルマ(500〜2000元)を課し、ノルマを達成できなかったり逃げようとしたりする子供は袋だたきにされる。もっと徹底して彼らを統制するために、一部の「親分」は子供たちに薬物やとばくに手を染めさせ、女の子は通例性的虐待を受ける。そして逃げた子供は「親分」から逃げ切っても、しばしば別の「親分」の手中に落ちる。

 ウイグル族ストリートチルドレン救助組織が一番頭が痛いのは、救出された子どもたちの多くが年齢が低すぎて自分の家がどこだか分からないことだ。「3人の子を保護したが、小さい子は3歳、大きい子でも8歳だった。こういう小さい子は自分の家の前に駄菓子屋があったことは覚えていても、住所は覚えていない。その上今は強制立ち退きが頻繁なので、そんな商店を探すことも難しくなっている」。アクスのこの熱心なボランティアも仕方なしに子供を救助所に送り返した。

 このボランティアの話によると、漢族のストリートチルドレンは養子にもらわれることもあるが、家を探し出せないウイグル族のストリートチルドレンは顔立ちが漢族と異なるので、漢族が養子として引き取ることはない。収容救助は過渡的な行為に過ぎない。つまり、もし政府がウイグル族ストリートチルドレンに適切な処遇をしなければ、彼らを待っているのは放浪――窃盗を続けることだけだ。

 「その後、3人の子供たちはみな養子にもらわれた。来た連中は養うと主張し、値付けまでしてきたから、私たちも人買いと分かったが、他に誰が養うんだ? あの子たちにはみんな値が付いていた。人買いの間には横の連絡があって、名の知れた、盗みのうまい子は5000元で売れる。普通の子でも1000元の値がつくんだ」。

 (三)お願いだから子供たちをあまりひどく殴らないでくれ

 新疆のストリートチルドレンを収容すると、ハラルの飲食を提供しなければならず、子供たちとの意思疎通もできないので、管理は非常な難題となる。送還費用も高い。言葉が通じないので、内地の警察は犯罪だと分かっていても証言を得られず、黒幕を特定できない。たとえ長期間内地で放浪している子供でも、少数民族集住地に住んでいて、漢族は窃盗の対象とする以外、ほとんど接触がない。さらに漢族、とりわけ警察官を敵視するよう教唆されているので、たとえ捕まっても、自傷行為で反抗する。そこで、一部の派出所はウイグル人の警官を雇ってこの種の事件を処理しているが、対症療法に過ぎない。

 結局、いろいろな部門は難しいので手を引き、新疆の児童は収容されず、もしくはだれかが引き取りに来たら、すぐに釈放される。こうして、新疆のストリートチルドレンは派出所に捕まっても、すぐに出て盗みを続ける。彼らの「親分」は派出所の入り口で引き取るために待っている。

 内地の警察はこのように管理上の困難に直面しているのだが、住民からはウイグル族ストリートチルドレン窃盗団を放任しているとみなされており、ウイグル族の窃盗団の「親分」もますます大胆に暴れまわる。

 「私がアニワルを連れ帰った次の日、彼らの「親分」は私の携帯番号を調べ出して、電話で私を脅しながら、金銭交渉を持ちかけてきた」。ウラムジャンは腹立たしそうにため息をついた。「やつらはそこまで大胆になっている!」。

 当局のウイグル族ストリートチルドレン問題での無能によって、住民は怒りをウイグル族ストリートチルドレンに向けている。インターネット上では、「ウイグル泥棒」を非難する感情が噴き出し、民間の反スリ運動家は市民にむけて暴力による反スリ戦闘開始の檄文を発表し、捕まったウイグル族ストリートチルドレンが市民の暴力で血まみれになった写真がたくさん投稿されている。

 佳泉は、2歳の娘がいる、河南省安陽市の教員だ。2005年末、泥棒が街中で堂々とスリをしていることに我慢ならず、安陽反スリ連盟を結成した。

 佳泉は、当地では8,9軒の新疆レストランがあって、それを根拠地に新疆の子供が3,4グループ、多いときは20〜30人が毎日で歩いてスリをしていると語った。同じ子供が1週間のうちに反スリ隊に何度も捕まり、「捕まえるのが恥ずかしくなるほどだ」。

 最初は見ず知らずだったが、今ではこの子供たちと知り合いになった。彼らにご飯食べたか?と聞くと、盗んだものを渡さないと食べさせてもらえないとか、殴られるという。ある新米の子供は、盗みがすごく下手で、しょっちゅう我々に捕まり、そして、しょっちゅう「親分」に殴られている。彼の父親は死んで、母親は交通事故にあった。人さらいに遊びに行こうと連れ出されたそうだ。最初に捕まえた時は、彼は本当のことを話した。だがその後は、本当のことは言わなくなった。あるとき小さな子4人と大きな子1人を捕まえた。多分その中に「親分」の親戚と子供がいて、監視されていたんだろう。だから何も話さなかった。5回目に捕まえた時も、いつものジャージで、それがすっかり破れて、ひどく汚れていた。

 彼らは昼間はすることがないので、大きな子が小さな子を連れて街中を歩きまわる。そして、人の後をつけて盗む機会をうかがう。夜は新疆レストランに戻って、店員になってケバブを焼く。何日か前に捕まえた子供は、小さすぎたのですぐに放したんだ。そしたら次の日、一軒の新疆レストランの入り口でケバブを焼いていた。彼は決まり悪かったらしく、私にケバブを食べるよう勧めてきたよ。

 彼らは警官を見ても逃げない。警察は彼らを捕まえないし、捕まえてもすぐに釈放すると知っているんだ。警官には彼らは絶対漢語を話さないが、我々には少し話す。ある子は捕まってから、私を買収しようとした。食事をおごるとか、盗んだ携帯電話をあげるとか言ってね。もう一人の子は捕まえたら、警察も捕まえないし、警備員も捕まえないのに、なんであんたたちは捕まえるんだって聞いて来たよ。それから、我々に法律の条文を暗唱して聞かせ、どんな根拠があって捕まえるんだって聞くんだ。大人が教えたに違いないね。

 あるとき、一人の子供を捕まえた。正月の7日か8日なのに、秋物の服とジャージしか着ていない。派出所に連れて行くと、すごく寒そうにしていた。派出所もどっちにしても釈放するんだが、その子の住んでいるところは派出所からはすごく遠かったから、警官に私が送って行くと言ったんだ。私が電動自転車の後ろに彼を乗せたら、彼は全身震えて泣きながら服を手繰り寄せていた。触ってみたら、2枚しか着ていなかったから、風除けのついたバイクタクシーを拾って、運転手にカネを渡してその子を送り返したよ。

 佳泉は反スリ連盟結成当初はスリに暴力をふるったと話した。だが、今この子たちの話をするときは、彼の口調は父親のような愛に満ちていた。彼は、あの子たちを見るたびに、自分に抱かれて甘える娘を思い出すと話した。「あの子たちの両親が自分の子がこんな目にあっていることを知ったら、死ぬほど悲しむだろうね」。

 佳泉と同じく、一部の民間人は彼ら小さいときに誘拐され、両親の手元から引き離されたウイグル族の「泥棒」たちに心を痛めている。

 「一人のウイグル族の子供が売られて上海で泥棒をしていた。3年間やったあと、警察に送り返された。捕まったとき、誰かが手を上げると、彼は泣きだして隅に隠れた。いつもナンを持っていて、お腹の減った時に少しずつかじっていた。警察が送り返すために、買った服に着替えさせた時、警官までが泣きだしてしまった。10歳にもならないこの子の全身には200か所もの傷跡があったんだ。このウイグル人の子の家は大金持ちで、その家の老人はそんなふうになってしまった子供を見て、涙を流して一言も言葉が出ず、噛みしめた唇から血を流していた。この老人は最後に、君たちに100万元やるから、私に直接この子を誘拐した人さらいを殺させてくれ、と頼んだ」。ある新疆の漢族のネットユーザーは内地の反スリグループに暴力を乱用しないように絶え間なく呼びかけている。彼は、多くの人に「新疆泥棒」の悲惨な運命について知ってほしいと願っている。

 「お願いだから子供たちをあまりひどく殴らないでくれ」と彼は呼び掛けている。

(転載自由・要出典明記)
posted by cari at 23:11| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

被拐骗到中国的维吾尔儿童的悲惨故事

  (提要)在内地的维族流浪儿,超过九成是被诱拐离家,在“老大”的毒打利诱下从事偷盗活动。因为语言和民族问题,内地警方捉拿他们后,无法取证捉拿背后操纵者,往往只能被迫放人。在被毒打和畸形的日子里,他们日夜思念着家乡和父母的怀抱,但他们离家时年纪太小,被救助后,多数人不知道自己的家庭住址和联系方式。

  新疆流浪儿已成为一个日益严重的跨地域性社会问题。为改变这些孩子的命运,维族志愿者与内地反扒组织逐渐联合起来。今天,大陆中央政府已开始采取措施,联合各地及各行政部门力量,进行打击拐卖儿童从事犯罪活动和拯救被拐卖儿童的专项工作。
    
    
    文 记者 邓丽
    特约撰稿员 慕札帕・库尔班
    
    
  艾尼瓦尔回家了
    
  如果不是姐姐强迫他记住奶奶家的电话,10岁的艾尼瓦尔可能永远也找不到妈妈。

  艾尼瓦尔,维族,新疆喀什叶城人,2岁时,父母离婚,一直跟奶奶生活。正上小学的艾尼瓦尔很懂事,成绩一直居全班前三名,还被选为班长。

        2005年4月27日下午,噩梦降临。一辆出租车停在了放学回家的艾尼瓦尔面前,一中年男子走下来,递给艾尼瓦尔一块巧克力后一番嘘寒问暖,吃过巧克力的艾尼瓦尔不知不觉上了出租车,随后又被换乘到一辆白色面包车上。等艾尼瓦尔醒来,已经身在兰州。

  随后,艾尼瓦尔被带到离家乡5000多公里的广州。在一处简陋的住所,艾尼瓦尔与另外2个新来的男孩被被严密看管。那个带他们来的男子,要孩子们称他“老大”。

  第二天,“老大”带3个男孩去商场“实习”。这时,艾尼瓦尔才知道自己的工作是“偷盗”。艾尼瓦尔知道这是违法的,而且安拉也会惩罚小偷。“老大”毫不留情地把不肯当小偷的艾尼瓦尔揍了一顿。

        艾尼瓦尔第一次“实习”很不顺利。在商场里,一个男孩把偷到的手机交给艾尼瓦尔,要他快跑。接过手机后,艾尼瓦尔跑了几十米远便双腿发软。失主追上艾尼瓦尔,要送他去派出所。这时,一直在旁的“老大”现身了,他把艾尼瓦尔“抢”了回来。

        回到住处,艾尼瓦尔被“老大”结结实实打了几个耳光,怪他不知道跑。“实习”一周后,“老大”要艾尼瓦尔正式上岗,他不肯,“老大”拿皮带狠狠地抽他大腿,将“实习期”延长了一周。

  2周实习结束,艾尼瓦尔出道了,他已经不怕当小偷,害怕的只是偷不着再挨打。在一家超市门前,一个女士边走边吃东西,艾尼瓦尔跟在她后面,将女士挎包的拉链拉开,取出钱包。按规矩,艾尼瓦尔把钱包里的650元钱、银行卡交给了13岁的男孩,由其转交“老大”。这是艾尼瓦尔来广州15天以后,第一次单独偷盗成功。

  艾尼瓦尔很快适应了新的生活,他曾向抓住他的警察表达想回家的愿望,但最后到派出所接他出来的还是“老大”。

  艾尼瓦尔随着“老大”转战多个南方城市,记不清自己偷了多少。最多的一次,他偷了6个人的钱包,2400元。那次,“老大”一高兴,给了他200元奖金,他高兴地花100元买了一套衣服,100元到公园玩了一番。

  艾尼瓦尔不怕被警察抓。他已记不清被派出所抓了多少次,每次被抓几小时后放出来,他几乎总能看到就在派出所门口等他的“老大”。“老大”早就教过他们,他们是未成年人,只要装作不懂汉语,警察就不敢把他们老扣着不放,如果警察认起真来,他们用自残的方式就可以令警察乖乖放人。

  “年龄不够刑事责任、偷窃的数额也不够刑罚,会说汉语的也装不会,抓一个孩子,就一堆新疆人闹事,又是民族问题,多一事不如少一事。一般象征性关几个小时就放了。”一位不愿透露姓名的北京警官抱怨说。

  艾尼瓦尔怕的是失手被打。因为公共安全专家对维族流浪儿小偷普遍感到棘手,被窃失主往往会迁怒到这些孩子身上。艾尼瓦尔被失主打过,被“老大”打过。

  流血对满身伤痕的艾尼瓦尔已是稀松平常的事。就在前几天,最后一次失手的艾尼瓦尔还被“老大”高高举起,然后扔在地上。

  2006年7月22日中午,艾尼瓦尔再次被抓。与以往被关几个小时便被放走不一样,这一次,他遇见了年轻的维族警官玉兰江。玉兰江温言询问并给他买吃的、喝的,还像对待弟弟一样把他带回宿舍。艾尼瓦尔求生欲望燃起,突然跪在玉兰江面前,请求他送自己回家。

  “是艾尼瓦尔?还活着?”奶奶在电话那头哭了出来。

  凌晨1点半,艾尼瓦尔的妈妈坐飞机ー到了派出所,见到失散一年多的儿子。  
    
  (小标)一个孩子5000块
    
  新疆社科院一项报告显示,内地流浪的维吾尔族儿童中超过九成是被诱拐离家的,其中又以南疆为主。新疆救助站数据显示,03年1月到05年12月,自治区共从内地接回3660名流浪儿童,九成以上为南疆籍维吾尔族。

        大陆民政部内部人士透露,被救助的维族流浪儿童占整个被救助儿童的12.7%,而维族流浪儿童本身因为很多接下来要涉及的原因是极难被收容的,换言之,这个数字无法显示维族流浪儿童队伍之庞大。另一个佐证是,新疆自治区救助站称在内地经常性流浪的维族儿童为4000名,民间的数字远高于此。

  新疆自治区公共安全专家厅统计显示,2005年,新疆青少年违法犯罪人数占全部犯罪人数的比重由2000年的14.2%,上升19.5%。特别是新疆籍的流浪儿童违法犯罪案件屡禁不止,2005年立案数比2000年揄チ了一倍。

  新疆社科院民族研究所李晓霞认为,南疆维族聚集区相对较高的离婚率,失业率,人多地少矛盾、极端贫困和基层组织涣散都是流浪儿童出现的原因。在南疆,集中了新疆绝大部分贫困人口,新疆35个贫困县中南疆就占23个。

  维吾尔人全族信仰伊斯兰,伊斯兰教教义里严禁偷盗。80年代后,出现一些成年小偷离开新疆到内地“发展”,随后又发展成利用小孩作掩护,成年人偷窃。1988年以后,有人直接组团大量拐卖小孩偷窃,大人在后面操纵。

  “现在伊斯兰教被越来越被年轻的维族人抛弃,他们喝酒,偷盗,传统道コ和风俗被败坏得特别厉害。”中央民族学院教师伊力哈木土赫提痛心民族文化消解。

        阿克苏地区一个维语新词“口里齐”,专门称呼这些人口贩子和在内地挣不光彩钱的人。居民看不惯他们挣钱的方式,但又装迹シ们展现出的雄厚经济实力。

  “我所在居民区有一栋别墅,就是人贩子的。有的父母生活过不下去,就把孩子交给跑江湖的,让他们带着去卖烤串。”阿克苏一位救助过几名孩子的人士说。

        “和田地区每天都有全国各地的汇款单飞到所辖乡镇农村,就像工人领了工资,就往回寄一样。”和田邮局一投递人员曾对媒体说。

        “3-16岁的孩子都有,主要是10-13岁,小的抱在身上掩人耳目,大的直接去偷,老汉也有,给小偷做饭的。”新疆社科院民族研究所研究员续西发说:“有些地方的基层领导睁只眼闭只眼,指望小偷给当地挣钱回来。”

  “我们有16个大人和4个小孩,住在一个很难找到的地方, 2个大人和2个孩子住一间,4个大人监视1个孩子偷东西。大人身上都带着刀,威胁那些我们偷东西时敢说话的人。他们逼我从滚烫的水里取硬币,如果取不出来,就用皮带打我。和我住在一起的男孩11岁,比我早一个月拐到这里。他逃过一次,被抓了回来后被痛打了一顿,差点被打死。”被救助的达尔罕说,每一个被拐卖做小偷的孩子都有一段艰苦的“实习期”。

  “老大”会给孩子定下每日上交的偷窃额度(500−2000元),没完成任务或试图逃脱的孩子会被毒打。为进一步控制他们,有些老板会引诱孩子吸毒、赌博,女孩常常遭受性虐待。而逃掉的孩子往往刚脱离这个老板控制,又落到另一个老板手中。

  最令维族流浪儿救助组织痛心的是,被救回来的孩子们大都因年龄太小找不到自己的家。“领回来3个孩子,最小的3岁,最大的也就8岁,这么小的孩子可能记得家门前有一个卖零食的商店,但是不会记得家庭地址,现在拆迁得很厉害,哪里找得到什么商店。”阿克苏的这位热心人士也没有办法,只得把孩子送回救助站。

  这位志愿者介绍,汉族流浪儿童可能会遇到好心人收养,但找不到家的维族流浪儿则因相貌与汉族迥异,不可能被汉族居民收养。收容救助毕竟只是过渡性的行为,即−−如果政府不能为维族流浪儿童找到妥善的出路,那么等待他们的只可能是继续流浪−−偷盗。

  “后来孩子都被领养走了,我们也知道是人贩子,他们争着养,还讨价还价,可是不这么办,谁来管呢?这些孩子都是有价位的,人贩子之间也有联系。很出名、偷得好的孩子可以卖5000块钱,一般的新手也就1000块。”
            第 2 楼
字号:9pt

(小标)求求你们别对孩子下手太狠
    
  收容新疆流浪儿,必须保证清真饮食,无法与孩子沟通,管理起来成为一个巨大难题。遣送成本也过高。语言沟通困难,也使内地警方明知犯罪也难以取证,无法指认控制者。即使长期内地流浪的孩子,因生活在民族聚居区,除了把汉族人作为偷盗对象外,很少与汉族人接触,甚至被教唆敌视汉族人,尤其是公共安全专家人员,一旦被抓,也往往会自残来反抗。以至于一些派出所专门请维族民警来处理此类案子,但仍然治标不治本。

  最后,很多部门知难而退,不收容新疆儿童,或者一有人认领,马上释放。这样,新疆流浪儿童前脚被派出所抓进去,后脚放出来继续偷东西。他们的老大则在派出所门口等着接他们。
  因为内地警方面临的实际管理困难,他们往往被居民认为是对维族流浪儿偷盗团伙放任不管,而维族K老大也格外嚣张猖狂。

  “我把艾尼瓦尔带回去的第2天,他们老大就找到了我手机号,电话里对我又是威胁,又是许诺金钱。”玉兰江愤愤叹息:“这些人嚣张到什么程度!”

        执法部门在维族流浪儿问题上的失能,使居民迁怒于维族流浪儿。互联网上,与愤怒声讨“新疆小偷”猖獗的情绪一并出现的,还有民间反扒人士鼓动市民自发暴力反扒的战斗檄文,而被擒获的维族流浪儿遭市民暴力教育的血腥图片也随处可见。

  佳泉,2岁女孩的父亲,河南安阳的一位教育工作者,2005年年底,因为看不惯小偷在街上光明正大抢东西,佳泉成立了安阳反扒联盟。

  佳泉说,当地有8、9个新疆饭店,以它们为根据地,新疆小孩分为3、4拨,多的时候二三十个,他们每天都出来偷,同一个小孩,一周可能被反扒队抓好几次,“都不好意思抓他们了”。

  以前跟这些孩子不熟,现在都很熟了,问他们吃饭了吗?他们也会说没偷到东西没饭吃,或者是被打了。有一个新来的小孩,偷东西特别笨拙,老被我们抓到,也老被“老大”打,他爸爸死了,妈妈出了车祸,有人骗他出来玩,他就跟出来了。第一次抓到他,他说了实话。但以后抓住他,就不说实话了,有次抓了4个小的,一个大的,可能有老板的亲戚和小孩在里面监督,所以什么都不敢说了。到第5次抓他,还是穿的那套运动服,破破烂烂,脏兮兮的。

  他们白天没事,就一个大的领一个小的,遛大街,跟在人后面等着下手,晚上回到新疆饭店做伙计,卖烤串。前几天抓的一个小孩,年龄太小就把他放了,第二天看见他在一家新疆饭店门口烤羊肉串,他还有些不好意思,连忙招呼我吃羊肉串。

  他们看到警察都不跑,知道警察不会去抓他们,抓了很快就要放,对警察他们也从来不说汉语,对我们还说一点。有的小孩被抓了以后,还会贿赂你,请你吃饭,或者拿偷的手机要送给你,还有小孩被抓,送到派出所还会问警察不管,保安不管,你们为什么管,或者给我们背诵法律条文,质问我们凭什么抓人,显然都是大人教的。

  一次,我抓到一个小孩,正月初七初八,只穿一件秋衣和运动衣。送到派出所,冻得不行,看派出所反正一会也要放人,这孩子住的地方离派出所挺远,就跟警察说,我送他回去算了。我骑的电动车,刚放他在后座上,看他浑身哆嗦,一边流泪,一边拽自己的衣服,我一摸才两件衣服,就ー紧给他叫了一辆不透风的摩的,给师傅钱,让送回住处。

  佳泉承认反扒联盟成立之初也暴力反扒。但是,现在说起这些孩子,他语调里尽是父亲一样的慈爱。他说,每次看到这些孩子,就会想起在自己怀里撒娇的女儿,“他们的父母要知道自己孩子这样,该心疼死了吧?”

  与佳泉一样,还有一些民间人士心疼这些从小被拐,离开父母怀抱的维族“小偷”们。

  “一个维族小孩让人卖到上海当小偷,当了3年,后来让警察送了回来,只要有人一抬手,他就哭,他就躲,手里拿了一个饼子,半天不吃,放在身上,饿的时候咬一点。警察送他回来,给他买来衣服换的时候,连警察都哭了,全身上下200多道伤口,一个不到10岁的小孩。那个维族家里也是个几百万的富翁,那家的老人看到小孩成了那个样子,含着眼泪一句话说不出来,嘴里咬出了血。他最后对警察说,给你们一百万,让我亲手毙了那个人贩子。”一位新疆汉族网友不断发贴希望内地的反扒小组不要滥用暴力。他希望更多的人去了解那些“新疆小偷”的悲惨命运。

  “求求你们别对这些孩子下手太狠。”他呼吁。
    
  (小标)每个孩子都是国家的珍宝
    
  维吾尔在线是第一个关注新疆流浪儿命运的民间网站,网站专门开辟了“关注流浪儿童”板块,一方面消除大家对“新疆小偷”的误解,一方面呼吁社会各种力量拯救这些孩子。

        “他们是最大的受害者。”网站负责人之一塔依汗说,很多维族大学生刚到内地读书时,就因为小偷问题,经常被人误解歧视。

  塔依汗就遇到过一件让他一辈子都忘不掉的事:一次坐公交车,人太多,没有地方扶手,一个急刹车,他的身子往前倒了一下,手刚好碰到前面一个40多岁男人的衬衣口袋,那名男子立刻抓住他的手,大声喊,“你想干嘛?”。一车人都用奇怪的眼神看着自己。塔依汗恨不得立刻跳车下去。

        “不好好在家待着,跑来给自己民族丢脸”,塔依汗当时恨死这些维族小偷了,但是,在救了几个孩子以后,他知道了每个孩子身上都有让人心酸的故事,这才转为全力拯救他们,“能帮几个算几个”。

        “我们的优势是用我们在维族人中的影响和负责人的关系去找新疆当地的警方,以及孩子的家长”。该网站还准备成立一个救助新疆流浪儿童的民间组织,立足网上发动志愿者,跟反扒组织联系,募集捐款,送这些孩子回家,“但被民政部批准难度很大”。

  好在,如今维吾尔在线已与不少地方的反扒组织取得联系,一旦找到维族小孩,立即就有人负责跟孩子翻译沟通,寻找孩子的家人。

  “刚开始,很多地方都是暴力反扒,要杀要打的,我们不反对反扒,但是要合法”。现在,桂林、重庆的反扒组织也开始主动帮这些孩子回家,一些汉族人对维族人的误解也慢慢消除。

  同时作为网站负责人的中央民族大学教师伊力哈木土赫提非常看重维吾尔在线这个平台。除从事教学工作外,还一边经商一边进行社会调研,同时还一直救济多名维族在京学生,但无论多忙,每天都会维护网站,与各地反扒组织沟通,交流。以至于忙时,他经常会连续几个通宵无法休息。

  “每个孩子都是国家的珍宝,都该有光明的未来。他们从小没有家庭,也没有谋生的一技之长,如果一直从事偷窃,就只能永远成小偷,长大以后再去拐别的孩子当小偷。他们就彻底从被害者变成了害人者。” 伊力哈木土赫提说。

        佳泉最初与维吾尔在线取得联系,是想知道维族人自己怎么看待流浪儿偷窃。他在一个新疆论坛上发了题为《我们该如何对付这些新疆小偷》的帖子,在那个论坛上,佳泉第一次看到了转自维吾尔在线一篇令他眼睛一亮的文章。“原来还有一个真正关注维族流浪儿命运的网站。”

  “我是汉族,我是河南安阳的。我是反扒队员。我是教育工作者。我爱新疆,我们同是中国人。为了民族团结,为了新疆流浪儿童,我愿付出我的一切,甚至生命。为了这些孩子的明天,让我们携手努力!请联系我”,佳泉在维吾尔在线的签名让很多人动容,但是1年前,他跟对维族小偷恨之入骨的市民没有两样。

  佳泉说,自己过去也骂警察干什么吃的,满大街都是小偷,现在能理解他们一些了,不过,越不处理就会越难处理。 警察不愿意送,收容中心不愿意收,总说经费啊,吃饭麻烦啊,不好管理啊,最后也只好请维吾尔在线的朋友当翻译,帮助找孩子的家长。

  现在只要知道孩子是被拐骗的,佳泉和他的团队就会把孩子送到救助站,然后通知维吾尔在线的朋友帮忙,或与当地110联系。

  佳泉希望全国反扒队伍和新疆热心维族同胞一起,组织一个救助新疆流浪儿童的网络。一发现被拐骗的孩子就把信息反馈给新疆维族方面,让他们寻找孩子家人,最好再负责接送孩子。他还希望政府搞个基金会,来救助这些孩子,希望媒体报道,全社会都来关注这些孩子的命运。

  甚至,佳泉还想办一个私立小学,针对少数民族的流浪儿童,他说场地都够。最近他还准备招两个维族老师,办一个维族班,就是缺手续,资金和政策上的支持,“政府能补助一些,就好了”。
拯救努尔古丽
    
  小女孩努尔古丽,12岁,被拐卖一年,对她来说,不仅是365个噩梦,有的可能是埋在心底一生的屈辱。2007年年初,命运给她安排了一个逃脱悲惨的机会−−在佳泉最近组织的一次反扒行动中,她被抓住。

  为防止公共安全专家在规定时限被迫放人后她又落到偷窃集团头目手里,努尔古丽立即被送到救助站。反扒小组一边向救助站承诺会迅速把努尔古丽送回家,一边迅速与伊力哈木土赫提取得联系。

  在反扒小组的监护下,努尔古丽与伊力哈木土赫提通话,努尔古丽说,她是阿克苏人,妈妈车祸死了,继父在阿克苏。伊力哈木土赫提告诉小女孩,只要她说实话,就很快让她继父来接她回家。

  第二天上午,安阳当地一名刑警与另一名维族翻译找到小女孩,跟他们待了一阵后,小女孩对佳泉改口了,她说,继父不在阿克苏,在安阳,是继父带她来安阳的。再问,她又改口说带她来的不是继父,是舅父,到最后又说是姨夫带她过来的。

  明知小女孩出于对老大的恐惧撒谎,伊力哈木土赫提却无法很快得到证据说小女孩是被拐卖的,不能放走。情急之下,他一边发动自己在新疆的关系与努尔古丽的亲属联系,一边希望佳泉做救助站的工作,“稳住,坚决不要放人。”

  多方打听之后,伊力哈木土赫提证实了努尔古丽第一次说的话−−她的继父在阿克苏。回到北京的伊力哈木土赫提看到佳泉传来努尔古丽的照片后说,“这是个苦孩子,我从来没有看到过一个12岁的女孩看起来这么老,眼神那么多怨。”

  再次接通电话后,教育工作者伊力哈木土赫提温言与努尔古丽谈心。刚开始,小女孩不住地哭泣,什么都不肯说。

        “现在法律改了,10岁、12岁偷东西也要坐牢的,再说,你以后怎么嫁人啊?” 伊力哈木土赫提哄她说出真相。

  “你是不是穆斯林?”看到小女孩有些松动,伊力哈木土赫提趁热打铁。

  “是。”小女孩对本族人也很恐惧,语气怯怯。

  “你不担心安拉惩罚你?” 伊力哈木土赫提知道信仰在维族人心中的力量。

  “害怕。”小女孩正慢慢地被说服。

  “他们(人贩子)有没有摸你?” 伊力哈木土赫提忍住自己的愤怒,他知道很多流浪的小女孩都受到过性虐待。

  “摸了,叔叔跟我睡觉”,对于12岁的小女孩来说,这段经历将会是她一辈子的梦魇。

  “努尔古丽被人Q B过,而且不止一个人”,通完电话,伊力哈木土赫提再也掩饰不住愤怒,他对佳泉说,“绝对不能再放她回去了”。伊力哈木土赫提有一个比努尔古丽大略大的女儿,“幼吾幼以及人之幼”,因为忙于救本族的孩子,他没有时间管自己的女儿。

  第三天,新疆的一位公共安全专家官员把努尔古丽的继父拽到电话前,他在电话里与伊力哈木土赫提吵了起来。努尔古丽的继父说,外人少管闲事,他没有路费,也根本养不活这个孩子。伊力哈木土赫提愤怒地说,我们掏钱让你过来接孩子,你来不来?努尔古丽的继父说你晚点打来,现在有事得忙。然后电话再也找不到这个人了。

  随后,十几个新疆人把安阳刑警队的门堵了,又哭又闹,他们说是努尔古丽的亲人,要求放人。找不到孩子的家人,迫于无奈,警察也只好开了证明,放人。尽管佳泉们反复希望救助站再等等,但最后救助站也顶不下去,努尔古丽又被人贩子带走了。

  伊力哈木土赫提获悉后,再次请阿克苏公共安全专家局的朋友帮忙。但是,在紧张奔忙三天一无所获后,这位朋友致电伊力,就这样吧,大家都有了交代,阿克苏公共安全专家没有经费,也没有责任接孩子,而且,我们根本就怀疑是她继父把她给卖了。
    
  (小题)回家之路
    
  艾尼瓦尔回到了家,努尔古丽不被继父容纳,更多的孩子压根找不到家。

  古兰丹姆,女,新疆喀什人,12岁。桂林反扒组织在执行任务中抓获,交给了当地警方。照片中,小姑娘穿着廉价,脏兮兮的衣服,睁着恐惧和哀怨的大眼睛。她告诉警察,自己和其他5个小孩一起从新疆拐到了桂林,被逼扒窃。小姑娘请求警察把自己送回家,但她不记得家庭地址,也不知道家人联系方式。按惯例,无法联系家人,警察放走了古兰丹姆。小女孩被等在派出所外面的“老大”接走,再次上街扒窃,被抓,然后又被放走。

  “我想回家,可是找不到回家的路。”

  新疆救助管理站曾对93名新疆流浪儿童进行调查,发现无父或无母、甚至父母都不在的残缺家庭占17%,还有四分之一的家庭是因父母离婚或一方去世而重组家庭。他们即使被解救也可能因为没人照顾而重新流浪−−除了偷盗,没有任何生存技能,抓一次,放一次,成年以后,他将成为这个行业的小头目,甚至老大,带着另一群未成年人偷盗,由被害者变成害人者。

  伊力哈木土赫提对流浪儿问题的后果极为担忧,这些孩子的一生被毁了,民族间的隔阂和对立情绪会因此加深,而且也易为民族极端分裂分子所乘。他曾撰文呼吁政府尽早展开专项活动,“解决流浪儿童问题需要公共安全专家、福利、社区、妇联、学校、团组织等机构的专项配合,不能单打一,还需要跨地区的沟通协作。”

  维族流浪儿问题的跨地域性引起了中央政府的高度警觉。2006年2月6日,新疆自治区党委专题召开常委会,传达yk.z对内地新疆籍流浪少年儿童问题的批示,对配合内地省区市开展解救内地新疆籍流浪未成年人,打击拐卖未成年人违法犯罪专项行动做出部署。此外,自治区公共安全专家厅成立了救助新疆籍流浪未成年人,打击拐骗未成年人违法犯罪专项行动领导小组。截至2007年1月,新疆已建立51个救助管理站和流浪未成年人救助保护中心,共救助流浪乞讨人员和流浪未成年人2.45万人次。

  2007年1月20日,民政部等19部委联合下发了《关于加强流浪未成年人工作的意见》,文件指出“流浪未成年人工作是一项兼具救助性、福利性和管理性的工作。在流浪未成年人工作中,预防是前提,救助是基础,管理是手段,教育是重点,保护是根本”,要求各级政府、各个部门要认真履行职责,协调配合做好这一工作。此外,官方要求媒体不要使用“新疆小偷”一词,而用涉嫌轻微犯罪的少数民族未成年人代替。



posted by cari at 22:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【盗賊の国】ハイテク企業の機密データを盗み出していた


【盗賊の国】ハイテク企業の機密データを盗み出していた

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」より転載 
      

 サイバー戦争勃発、世界のネットワーク寸断の破壊能力を中国が持った
  米国のペンタゴン中枢、ハイテク企業の機密データから情報を盗み出してい

************************************
****

 英国のMI5といえば情報の元締め。過去三年にわたって中国からのサイバー
攻撃に経国を出し続けている。
 「デジタル時代には旧式のスパイ、諜報、防諜手段が変わりつつあり、公共の
ネット、通信網への攻撃、国家安全保障の中枢ネットワークが狙われるばかりか
、国家機密がネットを通じて盗まれる。国家の軍事、行政の機密データばかりが
対象ではなく、デル、マイクロソフト、ヤフーなどの先端企業の機密も狙われて
いる」(パット・クローソン、英国の防諜専門家、英紙『テレグラフ』とのイン
タビュー、11月18日付け)。

 中国はインド政府ならびに印度北部のダライラマ亡命政府のコンピュータに潜
り込み、機密書類、データを盗む策動を続けている。
防諜に神経を使っているが、ひとつの抜け道は「フェイス・ブック」などのアカ
ウントから従来の防護装置を楽々と乗り越えて侵入した形跡がある。

 3月におきた事件の被害はサイバー諜報ネットワークの「ゴストネット社」で103
ヶ国、1300ものホスト・コンピュータが被害を受け、政府の機密情報が中国
海南島へ送信されていたと発表されている(同テレグラフ紙)。

 欧米の情報関係者は、こうしたネット上でのハイジャック行為は中国の通信大
手「チャイナ・テレコム」の仕業と推測している。
同社は表向き否定談話を出しているが。。。

 中国はネット上のスパイ、諜報、防諜、機密情報詐取、攪乱情報、情報者の切
断などで、世界最先端の技量を誇り、その手段はいずれも中国軍が策定した「超
限戦」に謳われており、あらゆるハイテクを行使して、世界から機密情報を収集
している。
 またそれらしい権威を名乗っての偽情報、偽の公共機関を粧って相手に安心し
て口座を開かせ、そのネット・アカウントにウィルスを送り込むなどは平気の平
左。偽情報、囮情報などは『孫子の兵法』の延長線上にある。


 ▲中国はネットワーク寸断の破壊能力を持つ

 2010年4月8日に大事件が起きた。
 世界の国防関係者が震えた。この事件の意味が理解できない日本政府は中国と
『友愛の海』「戦略的互恵」などと馬鹿の一つ覚えを呟き、欧米から徹底的に嗤
われた。

 世界のコンピュータ・ネットワークの15%が、18分間に亘って切断された
のだ。
 今週報告された米国議会報告書は、これを中国の仕業と断定した。報告書は「
米中戦略ならびに安全保障評価小委員会」が作成したもので、「中国は世界中の
インターネットの相当のレベルをコントロール出来る」と報告した。

 多国のネットワークへの攻撃と自国のネットワーク防御に関して極めて洗練さ
れた技術を中国は保有するにいたり、米軍の誇る『サイバーコマンド』という指
揮系統の中枢を攻撃できる能力があると推定される。

 米国政府、軍中枢、国防長官オフィスならび陸海空軍と海兵隊のネットワーク
への浸透も、中国政府が支援する通信企業によってなされている。
グーグルによれば、人権委員会の活動のホームページ、通信網などが明らかに中
国とみられるサイバーテロによって攻撃された。

他方、中国語版ウィクペディアやBBCなどには繋がらない措置もとられている
。インターネットを寸断した『実績』とは、先の事件のように世界の15%のネ
ットワークを18分間、ハイジャックしたことだ。
この意味するところは、たとえばもし台湾攻撃をミサイルで仕掛け、米軍の支援
反応が18分遅れて場合、致命的な段階へ陥落することである。

 ところで我が国のネットの安全性?
 海保のネット、管理の杜撰さは、サイバー攻撃をうける以前の幼稚な段階であ
る。自衛隊にサイバー防御専門班はあるが、大々的で本格的なサイバー・チーム
はない。

解除するには下記URLにアクセスして下さい。
http://www.emaga.com/tool/automail.cgi?code=3407&mail=j-r.ad-togo04527@ezweb.ne.jp&e=1
posted by cari at 15:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

私のつぶやき

etman09 / トゥール ムハメット
小生の友人はこのように指摘しています:“「シェブネム」「デヤリム」「セルキン」はウイグルの三大ポータルサイトのようですね。今回日本でいえば掲示板の書き込みが理由で孫正義、藤田晋、三木谷浩史が逮捕され懲役刑を受けるようなものか。”皆様、今回の出来ことは正しくその通りです。 at 08/07 16:04

etman09 / トゥール ムハメット
経済的に中国と関係を持つことは別にいいですが、政治的に中国が何を目指しているかを厳しい目で見なければならないです。本来これは日本の政治家のお仕事ですが、彼らも商売人と同じレベルで中国と付き合おうとしています。情けないことです。政治家の仕事は政治をやることです。商売じゃないです。 at 08/07 15:58

etman09 / トゥール ムハメット
@kokkok2009 最も有名なウイグル語ポータルサイト創設者に重刑を言い渡したことは、中共の如何にウイグル人を敵しているかを物語っています。何故ウイグル人を敵視するか?それは中共は中央アジアを狙っているからです。ウイグル人は邪魔ですから、潰そうとしています。 at 08/07 15:54

etman09 / トゥール ムハメット
ガイラット・ニヤズ氏に言渡された15年間の重刑からも伺えますが、ガイラット氏は中共に頭を下げていない。取り調べの間でも、彼は所謂“情報漏洩罪”を認めていないでしょう。だから中共は彼に重罰を下した。国家主席までトップの一言で殺してしまう中共だから、死刑ではなく“感謝しろ”でしょう。 at 08/07 15:39

etman09 / トゥール ムハメット
中共は東トルキスタンを徹底支配するために、新疆建設兵団と言う準軍事組織を創設し、各地に駐屯させていますが、近年、この屯田部隊でも反抗の動きが表面化。 at 08/07 15:39

etman09 / トゥール ムハメット
新中華ファシズム:中共の重要週刊誌《瞭望新周刊》で“抗美援朝争的大利万”という記事が。中共の朝鮮戦争参加を賞賛。http://news.boxun.com/news/gb/china/2010/07/201007242120.shtml at 08/07 15:38

etman09 / トゥール ムハメット
高田 純教授の中国核実験の被害に関する研究は、中共は如何にウイグル人の命を軽視し、大量殺戮を行っていたが証明してくれました。この研究成果をもっと広めたい。 at 08/07 15:38

etman09 / トゥール ムハメット
高田 純教授の研究によれば、中共の核実験には、直接の死亡者は19万人、間接的な死亡者は140万人です。夥しい数です。今でも、核実験災害の後遺症は続発中。 at 08/07 15:37

etman09 / トゥール ムハメット
@kokkok2009 「シェブネム」創設者Nijat さんの刑期が10年と言うことに驚き。ニジャットさんは中共にもっと抵抗した可能性がでしょう。知名度では、彼は三人の中で三位にあるので、それも影響したと思います。中共の所謂“判決”は全く恣意的ですの、根拠なんか無いですよ。 at 08/07 15:31

etman09 / トゥール ムハメット
日本は唯一の被爆国ではない、中共の東トルキスタンにおける未曾有の核実験災害は同じく重大だ、と高田 純教授は結論付けています。我々ウイグル人にとってこれは偉大な応援です。 at 08/07 15:21

etman09 / トゥール ムハメット
TR@kimihiro3526 最近北海道にニトリンゴ村ができているそうだ。中国人向けの別荘がどんどん建設され、周辺の住民は自治体が乗っ取られ、学校教育や役所の第一言語が中国語に変わるのでるのではないかと恐怖におののいているようだ。 at 08/07 15:20

etman09 / トゥール ムハメット
@kokkok2009 おっしゃる通りです。ところで、東京に近ければ、ウイグル語教えてあげたいですよ。@kokkok2009さんは小生のとても大切な友人です。ウイグル人のこと、これからも頼みます。日本におけるウイグル人の活動は、必ずよい方向に進んでいくことを確信しています。 at 08/07 15:18

etman09 / トゥール ムハメット
中共全国党史会議で、重要な資料には自動粉砕装置を導入して処分してしまうべきという提案がシンクタンクから提出され、中共トップの支持を得た。中共は都合の悪い資料何も残したくないね。つまり、中共の中枢も、近い将来の崩壊に備えていると言うことです。皆さん、目を覚まそう!!! at 08/07 15:13

etman09 / トゥール ムハメット
中国の覇権主義は外国と関係なく発展して、ある日突然火口をきるでしょう。その時、世界は終末を迎えるでしょう。 at 08/07 15:11

etman09 / トゥール ムハメット
中国と対等な関係を持ちたいなら、対等な軍事力がなければ、相手にされないよ。これから日本人は徐々に感じてくると思います。 at 08/07 15:11

etman09 / トゥール ムハメット
丹羽次期大使の“中共軍拡"当然発言、外交音痴ぶり、商人の厚顔ぶり、現政権の無謀ぶりを露呈、日本の対中華ファシズム降伏宣言。 at 08/07 15:10

etman09 / トゥール ムハメット
高田 純教授が行った中共の東トルキスタンにおける未曾有の核実験災害に関する研究は、科学的研究成果として、説得力が強い。中共の人類に対する犯罪を科学的裏付けによって証明してくれました。 at 08/07 15:10

etman09 / トゥール ムハメット
去年9月17日、韓国は世界ウイグル会議事務局長ドルコン氏をソウルの空港で拘束し、ドイツやアメリカの必死な努力でドイツに帰国させた。韓国は最低だと、その時思った。ドルコンさんはウイグル人の若き指導者として国際的に著名です。彼は日本に二回も来ています。日韓の品格にこれだけ差があります at 08/07 15:08

etman09 / トゥール ムハメット
@ykodama 問題の基本は、戦後政治体制を維持し、日本の成長と繁栄を導いて来た自由民主党の自己崩壊です。櫻井よしこ先生はこの問題についてよく説明しています。仕方のない国民は、正体の分からない民主党にチャンスを与えたが、残念なことに、自民党と変わらない姿を現しましたね。 at 08/07 15:06

etman09 / トゥール ムハメット
本来、民主主義体制の下での新聞は政府や政治家の嘘や欺瞞を暴く存在だが、日本の新聞は違いますね。それでも国民は購読続ける。国民にも問題ありでしょう。 at 08/07 15:01

etman09 / トゥール ムハメット
@kokkok2009 ウイグル語の勉強、ご継続中でしょうか?感銘しています。総裁はウイグル民族の象徴です。母です。ガイラット・ニヤズさんの悲劇は、民族の悲劇です。ところで、ERK TVは小生のインタビューを昨日アップしました。水谷尚子さんの貢献について言及しています。 at 08/07 14:59

etman09 / トゥール ムハメット
中国はナチズム体制に入っています。この体制の下で対外侵略を繰り返す傾向が見えています。アメリカは気づいた様ですが、弱体化して、正面対決を避けようとしています。日本は国家機能麻痺。 at 08/07 14:54

etman09 / トゥール ムハメット
小生はウイグルの運動を通して、自称右翼、自称左翼の若者と付き合いがありますが、皆いい人で、誠心誠意にウイグルのことを考え、出来る限りの応援をしてくれています。ウイグル人として彼らには常に感謝の気持ちでいます。 at 08/07 14:54

etman09 / トゥール ムハメット
今度中国が日本に“進出”したら、在日中国人の保護を口実にするかも。中共のウイグル占領の口実は、帝国主義からウイグルを守る事でした。 at 08/07 14:53

etman09 / トゥール ムハメット
小生は基本的に親日です。友人には所謂右翼もいらっしゃると同時に左翼もいますが、どちらも小生にとっていい人で、大切にしたい存在です。民族で他人を評価しないのは小生の立場です。中国人でも、ウイグルを応援してくれれば付き合います。 at 08/07 14:50

etman09 / トゥール ムハメット
@kokkok2009 こんにちは。猛暑が続いていますね。昨日朝四時に、総裁から電話があって、お元気でした。 at 08/07 14:45

etman09 / トゥール ムハメット
人は別に自分を“何翼”と定義し、その枠に自分をわざわざ嵌める必要はないと思います。自由と言うのは、何かのイデオロギーに自分を入れてしまわないことでしょう。小生も、所謂“ウヨ、サヨ”という言い方に同感しない。基本はその方の人間性と立場が判断基準です。 at 08/07 14:41

etman09 / トゥール ムハメット
@Toshiyuki_M_Yo 人は別に自分を“何翼”と定義し、その枠に自分をわざわざ嵌める必要はないと思います。自由と言うのは、何かのイデオロギーに自分を入れてしまわないことでしょう。小生も、所謂“ウヨ、サヨ”という言い方に同感しない。基本はその方の人間性と立場が判断基準です。 at 08/07 14:41

etman09 / トゥール ムハメット
@yoheiyasuda お考えは賛同いたします。ウイグルへの声援、有難う御座います。 at 08/07 14:34

etman09 / トゥール ムハメット
世界の経済危機に乗じ、中共はウイグルやチベットそして国内の反体制派に対して好き放題に人権侵害しています。世界中何処からも非難の声が聞こえない。この世界はすべて経済におしつぶされています。 at 08/07 14:33

etman09 / トゥール ムハメット
大多数の日本人は中共を同じ儒教だの4千年文明だの社会主義だのと全く間違った認識を持っています。大前提が間違っていますので、当然結論結果全部間違っています。 at 08/07 14:32

etman09 / トゥール ムハメット
中共国民は中共に協力し、世界で金儲けするだけでは、軽蔑され続けるでしょう。世界共通の民主・自由・人権尊重の普遍価値に基づいて再建国したら、中国人の屈辱の歴史が終わるでしょう。 at 08/07 14:32

etman09 / トゥール ムハメット
@nakayamanariaki 中山先生、こんにちは!7月3日偶然にも飯田橋で選挙の街頭演説中、お会い出来、嬉しかったです。先生が文部大臣の時、娘が先生から大臣賞を頂きました。先生はそのこともよく覚えていらっしゃいました。お元気で日本の教育の為にご活躍をお祈り申し上げます。 at 08/07 14:29

etman09 / トゥール ムハメット
中共一党独裁の軍事国家は、平和的台頭と世界に微笑んでいるが、ウイグル、チベットに対する血腥い弾圧から、我々は中共に対して心を許すべきじゃない。毅然とその欺瞞を破り、真実を伝え、中共を一日も早く潰すことに気勢をあげましょう。 at 08/07 14:21

etman09 / トゥール ムハメット
@mayermayer 声援有難う御座います。 at 08/07 14:13

etman09 / トゥール ムハメット
@mayermayer はじめまして。有難う御座います。ウイグル人は音楽好きです。ウイグルの音楽もインターネットにYOUTUBEに多くアップされていますので、是非聴いてみてください。 at 08/07 14:13

etman09 / トゥール ムハメット
国防は、国家として当然講じなければならない基本問題です。しか、戦後日本は国防を一つのタブーとして来ていますね。一部の日本は、このタブーを破るために、中国の脅威を持ち出しています。仕方のない仕方でしょう。一方、中国の経済発展に伴い、軍事力を驚異的に増した。 at 08/07 13:56

etman09 / トゥール ムハメット
今の中国は共産党一党独裁の軍事国家です。共産党と軍がすべてを支配する国です。日本では、中国のこの特徴は殆ど一般国民に周知されていない。日本人は、中国を普通の国と認識していますが、これは大きな間違いです。中国の国体は、北朝鮮、キューバなどと政治的に殆ど変わらない。 at 08/07 13:56

etman09 / トゥール ムハメット
今回中国が5年の有期判決を言い渡したディリシャット氏は、ウイグルで最も人気のあるポータルサイト“ディヤリム(我が大地)”の創設者と首席管理人。彼の罪は、広東省で起きた中国人によるウイグル労働者惨殺事件の映像をサイトに載せることを許したと言うことです。日本では考えられない“罪名”。 at 08/07 13:55

etman09 / トゥール ムハメット
ウイグル語ポータルサイト創設者ディリシャット氏は、ウイグルでは大変有名エリートとして、ウイグル人に広く知られ、ウイグル文化人の間ではかなり影響力があり、中共の判決は、もっと道義的にウイグル人の反感を買ったことになります。 at 08/07 13:55

etman09 / トゥール ムハメット
声援有難うございます。21世紀なのに、東トルキスタンで現在進行式で民族浄化が深刻に進んでいます。全世界が目を瞑っています。日本にいながら、悲しい思いで眠れない。 at 08/07 13:54

etman09 / トゥール ムハメット
中共は国際的に所謂日本の侵略や、日本軍の残虐を非難し、国内の多くのところに抗日記念館というものをつくり、中国人を洗脳していますが、一方で、自ら非難している行為をそのままウイグルとチベット実行しています。 at 08/07 13:54

etman09 / トゥール ムハメット
中国は1996年3月19日北京で開催した秘密の“新疆工作会議”以来、その会議で採択した“中共中央七号文件”に基づいて、政治、経済、軍事、外交、教育、文化をあらゆる方面からウイグル人を一つの民族集団としての存在を徹底的になくすジェノサイドを行って来ています。 at 08/07 13:53

etman09 / トゥール ムハメット
“9・11”以降、中国はアメリカの反テロ戦争を巧に利用し、恥知らずにそれをウイグル人に対するジェノサイドのために利用してきた。毎年、公開処刑されるウイグル人の政治犯が数百人に上る。一方、日本を見てください、たった二人の確実に人を殺した殺人反に対しても、死刑を執行すのに相当苦労する at 08/07 13:53

etman09 / トゥール ムハメット
ウイグルという人口が2千万人ぐらいの地域で、中共は平気で一気に年間政治犯だけで数百人処刑できます。日本人の皆さんよ、自分の国と、隣の中共を、冷静になって比較してみてください!どちらが文明的に上か!!!どちらが本当に野蛮なのか!!! at 08/07 13:53

etman09 / トゥール ムハメット
中共が公開処刑しているウイグル人の政治犯は、本当に殺している政治犯の極一部です。もっと多くの政治犯たちは、人間の想像絶する拷問で命を失っています。あるいは秘密に殺害しています。もし将来中共が崩壊したら、人類史上未曾有の殺戮を中共がしたことは明るみにでるでしょう!!! at 08/07 13:53

posted by cari at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

中央アジア諸国の民主化と東トルキスタン独立運動

 著者:トゥール ムハメット

 政治、経済、軍事的に戦略的な位置を占める中央アジア地域(本文では西トルキスタンと呼ぶ)は19世紀から帝政ロシア、大英帝国および清国の勢力争いの場として、結果的にロシアの植民地となり、1991年旧ソ連が崩壊するまでは、ほとんど国際政治には独自の影響力を及ぼすことはなかった。旧ソ連が崩壊し、カザクスタン、ウズベキスタン、クルグズスタン、タジキスタン、トルクメニスタンなど5カ国が独立を果たしてから、国連に加盟し、徐々に国際舞台に現れてきた。民族的、宗教的に直接繋がりのある西トルキスタン諸国の独立は、一世紀以上中国の植民地支配に苦しむ東トルキスタン国民に未曾有の希望を与え、中国共産党政権の圧制の下で沈黙を保って来た東トルキスタン独立運動は一気に活発化になった。しかし、時間の経過に伴い、東トルキスタン国民は西トルキスタン諸国の振舞いに失望し始めた。その主な原因は@独立を果たして15年経っても、西トルキスタン諸国の民主化は進まず、大統領個人を中心とする独裁政治が続いていること、A国民の基本的政治権利が認められず、大統領と異なる政治を主張する個人や団体は弾圧を受けていること、B法体制が整っていなく、贈収賄が国中に蔓延していること、C支配層は目の前の利益にとらわれ、中国の圧力に屈し、東トルキスタン独立運動を弾圧する政策を取り始めたことなどが挙げられる。特に、中国が中心的役割を果たしている所謂“上海協力機構”は国際的反テロ情勢を利用し、西トルキスタン諸国を東トルキスタン独立運動を封じ込む殺陣に変えてしまっている現実は特に失望的現象である。一方で、“9.11”以降、アメリカは西トルキスタンに軍事基地を設け、影響力を強めることに伴い、西側諸国は中央アジアの民主化に関与し始めた。その証としてクルグズスタンでは長期にわたるアカエフ大統領の独裁政治を履返し、初めて民主的選挙によって新政権が発足することができた。

 歴史的に、西トルキスタンと東トルキスタンは運命共同体的存在であった。10世紀初期頃から13世紀の初期まで、東西トルキスタンを支配していたのはチュルク系(突厥)ウイグル・ヤグマ・カラルク部族を中心とするカラハーン王朝(840〜1212年)だった。13世紀は、モンゴル帝国の征西活動に伴い、東西トルキスタンはチャガンタイ王子の領地となり、およそ15世紀まで、東西トルキスタン王系は主にチャガンタイの子孫だった。15世紀中ごろから16世紀にかけて、ウズベク、カザク(カザフ)、オイラト、クルグズ(キルキズ)などの遊牧民が勢力を伸ばし、ウズベク族を中心とするシャイバニー王朝とウイグル族を中心とするセイーディヤ王朝が東西トルキスタンの内在的統一を保っていた。1758年、東トルキスタンは清帝国の属国になってから、西トルキスタンのホーカンド王国は異教徒の支配下にある東トルキスタンの独立闘争を支援し続けた。1870年に東トルキスタンは清朝からの独立をはたしたが、西トルキスタンは既にロシアの植民地になり、後援を得ることを完全に失った東トルキスタンは、1878年に再び清朝に占領されたのである。言うまでもなく、1944年成立した“東トルキスタン共和国”も、その影響が西トルキスタンに動揺を与えると恐れたスターリンによって、指導層が集団で殺され、政権は中国共産党に引き渡された。

 このように、西トルキスタンで起きたできことは必ず東トルキスタンに波及し、東トルキスタンでの変革も必ず西トルキスタンで反響を呼んでいた。

しかし、現在の西トルキスタン諸国の情勢は人々を憂慮させる。

1.カザクスタン
豊富な石油資源と広大な国土を有するカザクスタンは外資を積極的に導入するために市場経済を実施しているが、政治システムはナザルバエフ大統領の個人独裁によって運営され、本当の意味での野党勢力が存在しない。大統領や与党“祖国党”の政策に反論を訴える人物は暗殺されるか、投獄される運命になっている。カザクスタンの情報やメディアシステムはナザルバエフ大統領の長女ダリガ・ナザルバエフにコントロールされ、言論の自由は未だに認められていない。つい最近、カザフスタンで人気の高いある政治評論家が自宅で何者かに殺されていた。

カザクスタンの経済成長率は毎年8%以上になっているが、その恩恵を受けているのはごく少数の支配階級に過ぎず、多くの国民は依然として貧しい生活をしている。経済活動を行う上では、政府機関の役員や職員にさまざまな賄賂を渡さない限り、その活動は正常に行えない。外国企業の進出も政府高官への贈賄で成立ち、そうでなければ殆ど不可能である。

対中外交において、カザクスタンは“上海協力機構”のメンバーとして、中国との友好関係を築き、東トルキスタン独立運動対して中国の封じ込み政策に協力している。カザクスタンに活動基盤をもつ“東トルキスタン解放組織”は非合法政治結社として弾圧を受け、完全に地下組織に追い遣られた。カザフスタン国籍をもつウイグル団体は殆ど中国の東トルキスタン支配に異議を主張しないことを前提に認定されるようになっている。そして、カザフスタン政府は国際的非難にも関わらず、東トルキスタンからの亡命者を中国に強制送還し続けている。

2.クルグズスタン
 西トルキスタン諸国の中で唯一“オレンジ革命”が成功した国として国際的に注目されている。しかし、政治情勢が流動的であり、政権の基盤は衰弱と言いざるを得ない。議会や政府は新しい憲法の策定に着手し、一層の民主化を促す法整備はこれから進められるでしょう。

 クルグズスタンには鉱物資源の埋蔵量はかなりあるが、政情が長く不安定だったため国際資本の投入は進まず、経済の発展にそれほど寄与していない。農業、牧畜業もこの10年間はマイナスの成長を続け、国民生活は非常に苦しい状況にある。

 対中関係においては、アカエフ前大統領時代の中国寄りの政策が改められ、西側重視になっているが、地理的に中国に隣接し、国力も衰弱なため、中国の意向に背くことは国益にならないため、“上海協力機構”にメンバーとして留まり、中国との友好協力関係を続けている。東トルキスタン独立運動に対して、現政権は少し目を瞑るようになってはいるが、具体的対応策が明らかになっていない。

3.タジキスタン
 西トルキスタン諸国の中で政治、経済、社会情勢がもっとも不安定な国はタジキスタンである。独立直後から勃発した内戦で政治、経済システムは崩壊し、15万人が命を失った。国の経済は殆どロシアに出稼ぎに行っている十数万に及ぶ労働者の送金や、ケシ栽培から採れるヒロインの不法貿易に支えられ、国の防衛はロシアの駐留軍に任されている。

4.トルクメニスタン
 豊富な天然ガス埋蔵量を誇るトルクメニスタンは西側諸国から北朝鮮と同様に“鉄のカーテン”で閉ざされている独裁国家であると非難されている。現大統領サパルムラト・ニヤゾフは対外開放を拒否し、国家の政治、経済、軍事、司法、教育、文化などのすべての権限を手中に握っている。 トルクメニスタン議会もニヤゾフ大統領の操り人形に過ぎない。演劇などの文化活動は禁止され、女性の大学進学も許されない。最近は地方の病院までが閉鎖され、首都アシュハバードの国立病院だけが患者を受け入れることが許されていると言われる。

独立直後、ニヤゾフは自らを“トルクメンバシ(トルクメンの首長)”と宣言し、その後は議会を動かし、“トルクメニスタンの終身大統領とトルクメン人の預言者”という決議案を採択させた。ニヤゾフのこのような愚行は国際的に非難されても、彼はそれを完全に無視し、引き続き独裁政治を行い、反対勢力を容赦なく厳しく弾圧して来ている。

5.ウズベキスタン
2240万人の人口を抱えるウズベキスタンは西トルキスタンの人口大国であると同時に、貧しい国の一つでもある。この国でも、旧ソ連共産党ウズベキスタン共和国書記長だったイスラーム・カリモフ大統領の個人独裁が続いている。独立直後形成された野党勢力は、1995年からカリモフ大統領の厳しい弾圧を受け、なくなっている。その指導者たちも殺害や投獄の難を逃れ外国に亡命している。

西トルキスタン諸国の中で、ウズベキスタンは唯一市場経済原理を実施していない国である。国際金融機構はウズベキスタンが市場開放を拒否したため、国際融資を未だに停止している。カリモフ政権は外資の導入にも消極的であって、さまざまな制限を設けている。その原因として、ウズベキスタンの豊富な石油、天然ガス、金鉱などの資源はカリモフやその側近達に独占されていると指摘される。

9.11以降、ウズベキスタンはアメリカのアフガニスタン作戦に協力し、軍事基地を提供した。その見返りとして、アメリカはカリモフ政権の延命術に対して黙認して来た。カリモフはアメリカの黙認を利用し、国内の反対勢力に“国際テロ組織”のレッテルを貼り、厳しい弾圧を与えて来た。

ウズベキスタン国内において、最大の反対勢力は“ウズベキスタンイスラーム運動”と“ヒズブ・タフリール(イスラーム解放党)”であったが、9.11事件後アメリカはこの二つの組織をアルカイダとタリバーンと繋がる“国際テロ組織”と認定した。これを利用し、カリモフはこの二つの組織やそのほかの野党勢力をウズベキスタンから一掃するのに成功したのである。数千数万の人々はこの残酷な弾圧の中で殺害されたり、投獄されてきた。その顕著な事例として、最近ウズベキスタンのアンジャン州で起きた住民大量虐殺事件が挙げられる。

 注意すべきことは、9.11以降アメリカを中心とする西側諸国の西トルキスタン政策には戦略的変化が見られる。例えば、1991年旧ソ連が崩壊した後、西側諸国は西トルキスタン諸国がイランやアフガニスタンのような反西洋的国家にならなければ良いとしていた。その一方で、西側諸国は西トルキスタンの豊富な石油、天然ガスや鉱物資源に興味を示し、旧共産系政治指導者が国家政権を牛耳っている政治を改めることを望んでいた。従って、西トルキスタン諸国の最初の民主選挙では旧共産系政治指導者に代わって、西側寄りの政治指導者の登場を応援した。しかし、旧共産勢力は表面上西側の意向に従った民主的選挙を行う振りをし、実際には反対勢力に対して買収、脅かし等の政治手法を利用して封じ込み、政権を獲得した。一方、1992年から2000年までのクリントン政権は旧共産勢力が西トルキスタンにおけるイスラーム政党や民族主義政党に対して強行策を取っていた事実に対してあまり反応しなかった。その原因として、クリントン政権は西トルキスタン諸国にイスラーム政権や民族主義政権が現れるよりも、旧共産勢力政権をそのまま温存した方が上策であると考えていたかも知れない。

 ブッシュ政権になってから、クリントン政権の傍観政策を改め、西トルキスタン諸国を自らの影響域に入れ、政治、経済、軍事面における影響力を強めながら、第一段階としてまずイスラーム原理主義者や国際テロ組織を排除し、第二段階では西トルキスタン諸国をロシアや中国のような大国の影響から引っ張り出し、第三段階では徐々にこの地域に近代的民主主義国家を築き、政治的、経済的に新しい民主主義の西トルキスタンを創っていくのではないかと思われる。アメリカのこの戦略的プロセスと協力するように、欧州連合も西トルキスタン諸国に対して緊急に動き出ている様子も伺えられる。例えば、欧州の人権擁護団体らの激しい反対を押切り、欧州発展開発銀行の2003年年次総会はウズベキスタンの首都タシュケントで開き、ウズベキスタンにこれから政治、経済および人権において早急に改革を行うことや、西トルキスタン諸国間国境を開放すること、国民が自由に国際貿易できることなどを要請し、それを前提条件として西トルキスタン諸国に6億ユーロの融資を提供することを決定した。軍事面においても、NATOはカザクスタン、ウズベキスタン、クルグズスタンなどとの軍事協力を強化しつつある。

 アメリカのブッシュ政権は対テロ戦争のために西トルキスタン諸国の旧共産系指導者の独裁政治を当面ある程度容認せざる得ないが、余り長く関与せずには居られないだろうと推測される。2007年から2008年には、既に高齢になっているウズベキスタンのカリモフ大統領、カザクスタンのナザルバエフ大統領などの引退が注目されるが、彼らはいま自分の家族にその権力や支持基盤を渡そうとしている。これらの国は国体として自由選挙を基本とする共和国制を採用しているが、実際には隠れた王政のような政治が行われている。例えば、アザルバイジャンでは旧共産系のアリエフ大統領が没後、その長男が大統領職に就いている。西トルキスタン諸国国民は決してこのような事態を容認している訳ではない。ウクライナから始まった“オレンジ”革命は、西トルキスタンではまずクルグズスタンでその花を咲かせることに成功している。その次の候補は言うまでもなくウズベキスタンとカザクスタンである。

 西トルキスタン諸国で完全な議会民主主義が実行され、西側並みの言論の自由、貿易の自由などが認められ、人々の基本的人権が保障されれば、西トルキスタンにおける東トルキスタン独立運動が再び活気を戻し、東トルキスタン国民に希望の光を与えることができるだろう。

 中国は西トルキスタン諸国の民主化を極端に恐れている。北京は“上海協力機構”を通して、ウズベキスタンのカリモフ政権、カザクスタンのナザルバエフ政権にできる限りの支援とサポートを与えている。なぜなら、西トルキスタンに旧共産系の独裁政治が続く限り、中国は東トルキスタン独立運動を国内だけではなく、西トルキスタンでも鎮圧することができるからである。東トルキスタン独立運動が今の様に低迷状態に追込まれているのはやはり北京の西トルキスタン外交が成果を挙げている証である。西トルキスタン諸国の民主化無しに、東トルキスタン独立運動の活性化は有り得ないと言っても過言ではない。
posted by cari at 20:52| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

中央アジア研究所の事業内容


● 事業内容

1. 調査研究

中央アジア地域の動向、課題をあらゆる視点から総合的な調査研究を行う。

2. 情報の収集・分析及び提供

・現地の活きた情報に加え、歴史的、政治的に深く関与しているアメリカ、ロシア、中国、トルコ、インド等を主に、信頼できるルートから情報を常時収集、分析し、動向を把握する。
・最新の情報を「中央アジア講座」およびその他のメディアを通して必要とする皆様に提供する。

3. 講演会、セミナーの開催

中央アジア地域出身者を講師に招き、時宜に即したテーマによる各種講演会やセミナーを開催し、最新情報を提供する。

4. 国際交流

中央アジア地域出身者と日本人との交流イベントの開催や、中央アジア地域留学生の受け入れをなどを通し、国際交流を深める。

5. 関係諸機関との協力・提携

中央アジア地域に関係する諸機関と相互協力・提携を図り、 幅広いネットワークを構築する。
posted by cari at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする